チョウチン。 カフェ&居酒屋 チョウチン 原宿・表参道店(原宿/居酒屋)

盆提灯の選び方|なごみ工房

チョウチン

初盆の時に準備をする盆提灯 お盆の時期になると、玄関先に提灯が飾られているのを見かけることがあるかと思います。 この提灯のことを「盆提灯」と言います。 お盆に家に戻ってこられる故人やご先祖様のために飾る提灯なのですが、 最近、「盆提灯」がというもので、どんな役割を持っているかご存知ですか。 実は、初盆の時に飾る盆提灯には決まりがあります。 こちらでは、初盆の時に準備をする盆提灯についてご紹介していきます。 盆提灯とは 「盆提灯」とは、故人やご先祖様が家に戻られるときに迷子にならないように、目印として飾ります。 初盆の時には、白提灯を飾ります。 白提灯は家族が準備をすることになります。 日本には昔から、初盆を迎えた家へは、親戚や故人と親しくしていた方々が、 盆提灯を贈る習わしがあります。 なお、盆提灯を贈る場合は、絵柄が施された物を贈ります。 贈られた盆提灯の数は多ければ多いほど、故人が皆さんから慕われていた ということを示すものとなります。 しかし、現代の住宅事情により、部屋が狭く盆提灯を 頂いても飾ることができないケースがあるため、盆提灯は全てご遺族側で準備されることが多くなってきています。 なお、初盆に使われた白提灯は、送り火を焚いてお見送りをする時に送り火と一緒に 焼いてしまう場合と菩提寺に持って行き、供養して頂く場合があります。 もし、菩提寺に供養をお願いする場合は、事前に確認をしておきましょう。 なお、浄土真宗の場合は、故人やご先祖様が家に戻るという概念がありませんので、 盆提灯も飾ることがありません。 盆提灯の飾る時期 盆提灯を飾る時期は、新盆の場合は8月の初めから、旧盆の場合は7月の初めから飾ります。 そして、片付ける時期は、お盆が明ける17日以降となります。 ちなみに、盆提灯に灯りを灯す期間は、白提灯に関しては、新盆の場合は 8月13日の夕方〜16日の送り火を焚くまでの間、旧盆の場合は7月13日の夕方〜16日の 送り火を宅までの間となります。 飾る期間と灯す期間は異なりますので、注意が必要です。 なお、新盆は故人が亡くなられてから四十九日後、初めて迎えるお盆となります。 もし、四十九日前にお盆を迎える場合は、翌年のお盆が初盆となります。 盆提灯の贈り方 盆提灯を贈る場合は、一般的に絵柄の入った盆提灯一対を贈ります。 贈る場合は、相手方のお盆の準備に間に合うよう早めに贈ります。 なお、絵柄の入った提灯を選ばれる場合、ご自身の好みだけで選ぶのではなく、 相手の住居の環境なども考慮に入れて選びましょう。 購入した盆提灯の渡し方ですが、一般的に、盆提灯を購入した販売店から直接、 相手先に発送してもらいます。 その際の熨斗の表書きは「御仏前」が一般的ですが、 関西では「御供」とすることもあります。 夜中もつけたまま 盆提灯の灯りは、基本的には夜中は消します。 しかし、ご遺族の意向により、一日中灯すこともあります。 地域や親族で決まっている場合は、その決まりに従いましょう。 本来、盆提灯の灯りは本物の火となりますが、最近は火事の心配から、 電球式が主流となっています。 火で盆提灯を灯されている場合は、転倒などによる火災防止のために、 必ずどなたかが盆提灯の側で火番をするようにしましょう。 初盆に適したお供え物 盆提灯を購入する場合に知っておいた方が良いこととして、家紋入りの盆提灯となります。 家紋入りの盆提灯を購入する場合、家紋入れのために時間を要します。 そのため、注文をする場合、時間に余裕を持って注文されることをお勧めします。 お盆の時期、提灯の注文が多くなり、通常2週間程度で家紋入れが完成する場合でも、 2週間以上の時間を要してしまうことがあります。 【合わせて読みたい】 盆提灯のいろは 盆提灯の種類や組み立て、保管など、盆提灯のいろはをご紹介します。 盆提灯は、大切に扱い、丁寧にお手入れをすることで、とても長持ちします。 ぜひ、参考におしてください。 (盆提灯の種類) 盆提灯には上から吊るすタイプの「御所提灯 ごしょちょうちん 」と 畳や床の上に直接置くタイプの「大内行灯(おおうちあんどん)」や 「回転行灯(かいてんあんどん)」があります。 どちらのタイプを選ぶかは好みとなります。 (取り扱いに注意) 上から吊るすタイプの提灯は、火袋と言われている灯りを灯す場所を無理に広げると破れたり、 壊れたりしてしまうことがあるので、広げる時には注意が必要です。 (火の代わりにロウソク電池灯) 盆提灯に本物の火を灯す場合、人が見ている必要があります。 しかし、ずっと見ているのも大変です。 そんな時に役に立つのが、盆提灯専用のローソクの形をしたロウソク電池灯です。 ホームセンターや仏具店で販売されていますので、利用されてみてはいかがでしょうか。 (設置する場所) 下に直接置くタイプの場合、必ず平らな場所を選んで置きましょう。 提灯の重心は上にありますので、不安定な場所に設置した場合、少しの揺れでも転倒してしまうことがあります。 特に、本物の火を灯している場合は、人が火番をすることも大切ですが、安定する場所に設置することで、 転倒による火事を防ぐことができます。 (回転が止まってしまった場合) 回転タイプは、一定時間以上使い続けることで静電気が発生し、回転が止まってしまうことがあります。 その場合は、一度止め、提灯が冷えるまで待ち、静電気を取り除くために、回転筒を濡れた布で吹いたり、 静電防止スプレーをかけたりすることで、再び回転します。 (片付け) 電灯を使っている盆提灯を片付ける際、電灯が冷えたことを確認してから片付けるようにしましょう。 電灯の熱量は、私たちが想定するよりも大きいため、火傷の原因となります。 (保管) 盆提灯の火袋は、基本的に天然素材でできています。 そのため、保管している1年間の間に 火袋を貼った糊を虫が食べることがあります。 使用後は、火袋をよくはたき、部品を丁寧に拭いて から保管しましょう。 防虫剤を入れておくことで、虫対策になります。 まとめ 盆提灯についてご紹介しましたが、いがでしたでしょうか。 盆提灯は故人やご先祖様が迷わないように灯すものとなりますが、 地域や家族によって、決まりが色々あります。 違う地域に移り住んだ場合や結婚などにより、新しい地域で初盆を迎えることになることで、 新盆の迎え方が変わってきます。 関連記事 商品のお届けについて 振込確認日より10日前後で発送いたします。 (位牌の場合は、位牌原稿とお支払いの確認が取れてから10日前後で発送いたします。 ) お振込のタイミングによっては、取扱い在庫がなくなる場合があります。 送料について すべての商品を、 送料無料で全国にお届けいたします。 お支払いについて お支払い方法はクレジットカード、または銀行振込からご選択いただけます。 期日内にお振込みの確認ができなかった場合はキャンセルいたします。 返品交換・キャンセルについて ご注文後のキャンセルは承っておりません。 予めご了承ください。 お仏壇の返品に関してはをご覧ください。 ご返品、交換を承ります。

次の

ビニール提灯、9号長型九長や10号丸型尺丸など、町内会自治会商店街に

チョウチン

初盆のことがはっきりわかっていない方のために、 簡単な説明をしておきます。 初盆の時期とは? 初盆といっても、暦の読み方が変わって期間が特別変わったりすることはありません。 通常のお盆と同じく、 7月か8月の13~16日までが初盆の時期となります。 初盆と通常のお盆の違いとは? 初盆とは、故人が亡くなり 四十九日を終えてから、最初に迎えるお盆のことをいいます。 なので、通常のお盆との直接的な違いは、直近に故人がいるかどうかとなります。 初盆の法要自体は、通常のお盆と違って大規模になるのが一般的です。 親族以外の方もよくお見えになるので、礼儀作法も手落ちがないようにしておくのが望ましいです。 初盆の提灯代の金額相場 それでは、 初盆の提灯代の費用面から見ていきましょう。 ご香典と同じように、立場に応じて適した額を検討する必要があります。 親しい間柄の場合 子供の頃から親しくしていた友人や、生活を助けてもらったような親密な間柄である場合、提灯代の金額相場は 5千円~1万円ほどとなります。 親戚の金額相場が、親等の近さによって5千円~3万円ほどに変動しますので、近しい人の額を超えずに出せる範囲がそのくらいとなります。 実生活においても近い血縁関係者よりは多く出さないようにするのがマナーです。 気持ちを示すために金額を多く包みすぎると、ご遺族の方が気を遣ってしまいますので、その場合は金額を抑えてお供え物を考えるといいでしょう。 遠い間柄の場合 接点のないほど遠い親戚であったり、仕事の関係のみに収まるような場合は、 3千円~5千円ほどが金額相場となります。 お返しがいらない場合は事前にその旨を伝えて、お供え物だけ持参していってもかまいません。 費用を節約する目的でそうするわけではないので、この場合は本来の相場の同額程度のお供え物を用意しておきましょう。 提灯代として包むとしても、法要の中では比較的少額となりますが、お供え物の被りや処理に困る心配を考えると、提灯代として出すほうが無難といえます。 初盆の提灯代を包む封筒・袋の選び方 初盆の提灯代に使う、のし袋や封筒についても把握しておきましょう。 正しい包み方には、相応の理由が伴っています。 のし袋には弔事用のものを選びます。 封筒を使う場合は、 二重になっていない無地の白いものを選びましょう。 不幸が重なるという意味になるのを避けるためで、弔事に使う封筒では共通の禁止マナーです。 水引の結い方 のし袋を包む水引には、 結び切りのものを使います。 弔事ですので、「1回きりでいい」という意味をこめて、結び切りが使われています。 水引の結び切り自体は、1度だけでいい慶事にも色を変えて使われることがあります。 あわじ結びという少し豪華な結び方も、結び切りの一種として扱われます。 こちらは弔事でも高額を包んだり、近しい人の場合に格式を高めるために使うことが多いようです。 新盆に参列する場合は、そこまで丁寧でなくても問題ありません。 水引の色 水引の色には弔事用のものを使います。 法要によって色を使い分けることはありませんが、不祝儀として区別をつける必要があります。 白黒・双銀・黄白のいずれかとなります。 どれを使うかは地域差によるものが大きいので、周りと違ったものを出したとしても失礼となることはありません。 新盆の提灯代ののしの書き方 新盆の提灯代の、 のし袋の書き方も解説します。 いざ出したときに間違っていて、やり直しもできず穴があったら入りたい、なんて事態にならないようにしましょう。 表書きの書き方 まず、のし袋の中央上部に 「御提灯料」「御供物料」「新盆献灯料」のいずれかを書きます。 「提灯代」と書いてしまう方も多いのですが、代という字は明確に対価を示す意味があるので、ふさわしくありません。 僧の方に渡すお布施でもそうですが、金銭ということを直接的に表現しないのが礼儀です。 水引の下となる中央下部に、差出人の名前をフルネームで書きます。 親族である場合は苗字が被るので必須となりますし、親族でない場合も省略するだけわかりにくくなるだけなので、苗字も名前も書いておきましょう。 名前の書き方 名前の書き方も、 差し出す側の状況によって変わります。 連名で出す場合は、等間隔になるように並べて書きます。 この方法だと字を詰めて書くことになりますので、せいぜい3名までが限度と覚えておいてください。 名前を連記する書き方は、主に親交が深かった場合に使われるようです。 それ以上の人数の場合は、団体名を右に書き、代表者の名前を中央にフルネームで書きます。 そこから左下に「他」と付け加えて、複数人による提出を示すこともあります。 明確な代表者がいない場合は「〇〇一同」と書いても大丈夫です。 夫婦で出す場合は、まず夫の名前を中央にフルネームで書きます。 その左に、苗字を省いて妻の名前だけ、夫の名前の高さと揃えるようにして書きます。 企業や部署の代表として出す場合は、右に役職名などを書いた後、中央にフルネームを書きましょう。 この場合も、「〇〇一同」と書き換えてもOKです。 提灯代と香典・御仏前は両方必要? 提灯代とは別にご香典・御仏前を包んだ方がいいのか疑問な方は多いと思います。 結論からいうと、 提灯代を包んだらご香典・御仏前は特に必要ありません。 もともと提灯代は、新盆に参列する際に持参していた盆提灯の代わりとなるものです。 四十九日までの葬礼とは違いますし、提灯代の他にお供え物を持参していけたら十分といえるので、そのような形で参列する方も多いです。 風習にもよりますが、新盆でのお斎の規模と負担を鑑みて、提灯代を増額する場合もあります。 また、新盆の前に盆提灯そのものを送っていた場合、手持ち無沙汰になるのを防ぐためにご香典を包むこともあるようです。 別に用意する場合、表書きは「ご香典」「御仏前」でかまいません。 遠い親戚であったり血縁のない間柄である場合は、そこまで気にしなくても大丈夫です。 初盆の提灯代にお返しは必要? 本来の意味からすると、提灯代は各自持参していた盆提灯の代わりなので必要ありませんが、現在ではお斎の費用や法要の負担を分かち合う意味も含まれています。 実際、上に記した通り提灯代以外にお供え物やご香典を準備する方も散見されます。 お返ししないと気まずいことになりやすいので、 なるべく引き出物やギフトを考えておきましょう。 人数が多くなりがちなので、斎場で簡単な返礼品を用意しておくこともよくあります。 ご香典を別に包んでくださった方には、初盆が明けた後に返すことで対応しましょう。 遠州地方など、場所によっては初盆自体が大掛かりで、お返しの相場も高くなる場合があります。 家によっては、一切お返しをしないためご香典も不要と通達する場合もあるので、執り行う新盆に合わせていきましょう。 初盆の提灯代に関するまとめ• 初盆とは、故人の四十九日が経過してから初めて迎えるお盆のこと。 通常のお盆と期間は変わらず、7月か8月の13~16日となる。 提灯代の金額相場は、親しい間柄だと5千円~1万円、遠い間柄だと3千円~5千円ほどとなる。 親族などは関係性に応じて3万円くらいまでとなるので、超えないように調整する。 提灯代を包むものには、のし袋か無地の白い封筒を使う。 水引には弔事用の結び切りのもの、色は白黒・双銀・黄白のどれかを使う。 表書きは中央上部に「御提灯料」「御供物料」「新盆献灯料」のどれかを書く。 「代」は対価を示すので使わない。 中央下部に、名前をフルネームで書く。 連名・団体などに応じて、役職名を右に追記したり「〇〇一同」とするなど調整する。 基本的には、提灯代を出したらご香典・御仏前は必要ない。 気になるならお供え物の用意が安全。 盆提灯を先に送っている場合は、ご香典・御仏前の準備をしても不自然にならない。 お返しはしたほうが心配なく、気を遣われない程度の簡単なものが望ましい。 お斎や新盆の規模を鑑みて用意すること。 新盆は盛大に行うことが多いですが、人数が多く四十九日後の法要ですので、費用の面では高くならないようにする傾向があります。 お互いに無理が起こらないよう、適切な金額と準備を整えておきましょう。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

お盆提灯の飾る時期は?夜中もつけたままでいい?

チョウチン

店舗用で人気の一色提灯。 夏祭りの雰囲気演出に。 店舗用で人気の一色提灯。 中型タイプ直径33cm 名入れできます! お店や祭の雰囲気演出に。 提灯のみ(名入れ なし)の場合は、 納期が早く、 1〜2日で出荷 可能です。 下記のお見積書・ご注文用紙に、 名入れの各条件事項をご記入いただき、 FAXかメールしてください。 下記のお見積書・ご注文用紙に、 名入れの各条件事項をご記入いただき、 FAXかメールしてください。 下記のお見積書・ご注文用紙に、 名入れの各条件事項をご記入いただき、 FAXかメールしてください。 下記のお見積書・ご注文用紙に、 名入れの各条件事項をご記入いただき、 FAXかメールしてください。 12号以上は一般的に大書きなど の特殊文字名入れになります。

次の