菊の御紋 使用許可。 『菊の御紋』と 日本・【十六八重表】の由縁(動画あり)

神紋:玄松子の雑記帳

菊の御紋 使用許可

特に日本では菊を「花貴種」といい、「百草王」とも言って、草花のなかでも高貴なものとされた。 天皇の中でも鎌倉時代の後鳥羽上皇が菊紋を好み、使用した。 その後、多くの天皇がそれにならった。 菊紋が天皇家の紋と定められたのは大正15年の「皇室儀制令」。 時代以前は、皇室と関係のある一部の神社しか菊の紋は使えなかった。 、宇佐八幡、上下賀茂神社の四社。 明治12年(1879年)5月に官国弊社一般に使うことが許可されてから、菊紋を使う神社が増えた。 現在菊紋を神紋とする神社は全国の1割以下という。 ・ 大正15年に宮内省から「御紋章類似形の取締標準」が出ている。 その後の歴代天皇がそれを継承したため、皇族専用となった。 菊紋は、鎌倉時代初期に後鳥羽上皇が好んで用いたのが起源。 ・ 十六葉菊紋: 正親町源氏の広幡家。 清和源氏義家流の里見家、岩松家、喜連川家。 宇多源氏佐々木氏流の京極家。 この菊水の「酒銘」がまさにこの紋。 を見ると、「菊の水は不老長寿をもたらすものである」とあり、「太平記」に由来しているようです。

次の

『菊の御紋』と 日本・【十六八重表】の由縁(動画あり)

菊の御紋 使用許可

もくじ• 格調高い花柄なので、秋だけでなく、季節を問わず用いることができるとされています。 そして日本でも中国流に、重陽の節句(九月九日)には菊花の宴を開いて菊酒に不老長寿を願い、鑑賞の対象とするようにもなりました。 菊文としての意匠化も鎌倉から室町時代にみられ、桃山時代には日本的意匠の秋草の一つとして扱われるようになりました。 江戸時代には菊の品種改良が進み種類も多くなったため、菊の意匠も可憐な野菊から大輪のものまで、様々な表現が現れました。 (参考:) 美しさや香りだけでなく、長寿を意味するおめでたい花であるという点が、菊の特徴と言えるかもしれません。 この酒壺は汲んでも尽きることなく、泉のように酒で満たされています。 そこから<尽きせぬ世>を連想させ、「猩々」は、祝言の能とされています。 装束は菊水文様唐織です。 に掲載された菊文を一部ご紹介します。 どれも、一度は目にしたことのあるような馴染み深く美しいデザインです。 2.菊の紋について 菊をモチーフにした紋は数多くあります。 花弁の数によって「十菊」「十二菊」「十六菊」、裏を向いた「裏菊」や「八重菊」「半菊」「菊水」等々、いろいろに図案化されています。 1869年からは天皇(と東宮)しか使用できない家紋として正式に認定されました。 日本国旅券の表紙に表示されているのは、十六八重表菊をデザイン化した十六一重表菊である。 1920年の国際交通制度改良会議で、パスポートの表紙に国章を記すように採択されたが、当時の日本に法定の国章がなかったため、デザイン化した菊の紋章が1926年から採用された。 (より) 菊は中国伝来のものですが、その後日本人に愛され続け、日本を象徴する花となりました。 そして国の紋章の代わりにも用いられるようになったのです。 菊の文様は小物や日用品でもよく見かけますね。 現代でも私達は知らないうちに菊文様と接しているようです。

次の

菊の御紋、花びら枚数確認天皇関係 16枚、皇太子関係 15枚と聞いて...

菊の御紋 使用許可

古くは「日月紋」が皇室の紋章でしたが、現在では、 御大喪や即位礼で日像纛旛 にっしょうとうばん 、 月像纛旛 げっしょうとうばん と呼ばれる幟に用い るくらいで、皇室の紋という意識は薄れています。 やはり、世間一般では皇室の紋章としては菊花紋だと 思います。 鎌倉時代に後鳥羽上皇が好んで菊花紋を用いられ、 それが後代の天皇に引き継がれたために皇室の紋章 として定着していきましたが、具体的なデザインに ついては特に規定がなかったので、弁の数、花の中 心の円の大きさなどはまちまちでした。 明治元年の太政官布告で菊花紋の一般使用が禁止され、 翌年の布告では皇族が16葉の菊花紋の使用することを 禁じ、明治4年の布告で皇族共通の紋章として14葉一 重裏菊紋が制定されましたが、16葉の菊花紋について は細かいデザインは規定されないままでした。 菊花紋のデザインが厳格に規定されるのは大正15年の 皇室儀制令が制定されてからです。 神社仏閣については、明治7年と12年に官幣社、国幣 社への使用が許可され、13年には従前より伝統的に使 用している神社寺院に限って今後の使用も許可されま した。 武家で菊花紋を使用しているところがありますが、 賜紋のようです。 徳川家の葵の紋みたいに禁制が出て いたわけではないので、単にデザインとして用いてる 例もあるようです。 なお、現在では、菊花紋の使用についての法的制限は 商標法で登録商標に使用できないこと以外はありません。 「日月紋」については知らないのですが・・・ 「菊花紋」を使用している家について、私の知っているごく偏った(?)情報をお教えします。 文豪・森鴎外の先祖の家紋は「菊花紋」を使用していましたが、明治以降の一般人の菊の御紋章の使用禁止に付き合って(?)、替え紋として使用していた菊の葉をデザインした家紋に変えています。 一方の夏目漱石の家紋にも、菊花が使われているらしいのですが、こちらは特に改めることは無かったそうです。 森家の紋は、16葉の菊花紋そのものではないようですが(島根県津和野町の永明寺にある森家墓所の墓石に彫ってあるものなのではっきり何の紋とは言いにくいかも・・・)、「菊花紋」なので天皇家に遠慮したようです。 漱石の方は、家紋の一部に「菊花」が入っているものらしいので、そのあたりの違いも、家紋を変えた変えないに関係しているかもしれません。 夏目家についてはよく知らないのでこれ以上のコメントはできませんが、森家について言うと、江戸時代には、天皇家と何の関わりも無い田舎の御典医でも「菊花紋」を使用していたようです。 もちろん天皇家から賜って使用している家もあるでしょうが、「菊花紋」だからといって、即、天皇家と関係があるわけではないと思われます。 調べたところによると,皇室の元々の紋は「日月紋」だそうですが,後鳥羽上皇が菊が好きで調度や衣装に使い,代々使われることによって「天皇家の紋」として定着したようです. 皇室の家紋は16弁八重の表菊紋で,明治4年以降,天皇家以外では使用できなくなっています. 皇族の家紋ですが,14弁一重裏菊が皇族共通の家紋で,各宮家は独自の変形菊家紋を用いるそうです. 家紋としても16弁八重の表菊紋は,ですから天応皇后両陛下と紀宮さまが使っているんではないでしょうか. 私的なものには,各自の「御印」があるのでそちらだと思いますが. なお「日月紋」は今でも天皇の即位時に,錦の御旗に必ず使われるそうです.一般が使っていいのかどうかについてはわかりませんが,神社の社紋として使われているところはありました..

次の