スペーシア カスタム オプション。 スペーシアでおすすめの人気オプション・ナビはこれ!

スズキ スペーシアカスタムのオプションやパーツ

スペーシア カスタム オプション

新型スペーシアカスタムZのオプションと機能 引用: 新型スペーシアカスタムZのオプションは安全性に重点を置いた機能とスズキの技術を駆使した走行性能が魅力です。 一つ一つを見ていきますね。 これによりエンジン出力を自動制御して急発進・急加速を抑制すると同時に、警報や駐車場などでの操作ミスによる衝突回避に貢献してくれるのです。 人間の操作が重要ですが万が一のために新型スペーシアカスタムZと一緒にダブルの安全性は、とてもうれしい機能です。 コーナーなどの横滑りを抑えるスタビリティコントロールや発進・加速時に駆動輪の空転を抑えるトラクションコントロール、急ブレーキ時にタイヤのロックを抑えるABSを総合的に制御するシステムとなっており何だか至れり尽くせりの安全性です。 横滑りの怖い経験は誰もがしていると思いますが、こうして必要に応じてエンジンとブレーキを自動制御すると車両の安定走行に貢献してくれるのは間違いないですね。 他には走行機能を高めるものであったり、衝突被害軽減システム等、乗車する人はもちろん近くを歩行する人にも安心なオプションがたくさんの1台です。 4つのゼッタイ 引用: 今回スズキは、4つのおすすめをしています。 この中でも女性に人気がある理由として最も多いのが2番目のくつろぎ空間なのです。 室内空間がいかに快適かどうかは女性や小さな子どもにとっては重要な項目ですね。 3番目にある技術にも目が釘付けになってしまいます。 先進テクノロジーは、ここまで来たのですね。 歩行者の安全も考える車は、今までなかったので驚きと感激があった人も多いのではないでしょうか。 軽自動車の利点 引用: 軽自動車を選ぶ人の理由は、経済的なこと、スペースをとらないことなどが挙げられます。 女性でしたら、大きいクルマは怖いという人も珍しくはありませんね。 税金等の年間を通してのお金がかからないことも大きな魅力です。 小さなボディに大きな頼りがいがあるなんて、モテモテになるはずです。 また、新型スペーシアカスタムZは、エコカー減税が適用となっています。 地球と環境を考えているレベルの高い車を家族に迎えるのも嬉しいなと考える人の気持ちが分かるような気がします。 家族旅行と軽自動車 引用: 軽自動車だからといって、街中だけ走るとは限りませんね。 例えば、夫婦やカップルだけなら、交通費も削減されて気分のいい小旅行も考えられます。 駐車スペースが小さいので、いろんな場所に停めることも可能ですので、旅行プランも悩むことなく選べますね。 そんなに小さいボディですが、室内空間が広いことでも知られています。 会社のみんなにお土産をたくさん買っても大丈夫なほど、後部座席も広いのが嬉しいですね。 大きな値引きを作ってみる 引用: 大きな値引きを作るためには、いくつもあるのですが、下記のように大きく分けて3パターンを混合させることが1つのコツと言えますね。 まずは、必ず行かないと新型スペーシアカスタムZを購入することが出来ないディーラーです。 1.ディーラーで攻める 引用: ディーラーでは、一度ではなく複数回に分けて訪問をしてみましょう。 2.心理作戦で攻める 引用: 心理戦でディーラーを攻める時には、先に話を「聞く側」にまわりましょう。 先に話を聞いてあげることで、こちらの交渉を有利にもっていくチャンスを作ります。 話を聞いてあげた後には、少し無理かなと思うような金額の値引きをお願いしてみるのです。 そして、少しずつ自分の希望の金額まで落としていくと、希望に一番近い価格に持って行ける可能性があります。 交渉心理術は、普段の生活の中で行われているものなのですが、なかなか気が付かないですよね。 もし交渉が苦手だと思う場合には、社交上手な友人や家族等を同席してもらうようにする方が緊張も取れて良いかもしれません。 3.タイミングで攻める 引用: ディーラーが販売に力を入れる時期というのがあります。 どんな企業にも言えるところはあると思いますが、特に営業の世界では「ここだけは譲れない」という販売に全力を注ぐ時期のことですね。 年間に次の4つあると一般的には言われていますので少し見ていきましょう。 消費者の財布の紐が緩むときなんです。 消費者が大きな買い物を決断する時は、販売側の販売力をあげる時のようです。 最後の仕上げは 引用: 先ほどの話にもあったように、最後のコツは1~4を混合させて行うことです。 タイミングをはかってから、心理作戦に出るというようにです。 難しいと感じると、値引き交渉はうまく進まないものなので、楽しく交渉ができるように普段から誰とでも打ち解けるような練習をすることも良いかと思います。 あとは自分の運と買い取り専門店に会える出会いでしょうか。 買い取り専門店にお世話になることは、自分の愛車の第二の命を吹き込む事にも繋がります。 処分より、買い取りで自分の愛車を活躍させると、さらに気持ちが良いと感じる人が多いようですので、そういう情報を集めることも大切ですね。 スペーシアカスタムZの更に詳しい値引きについては、 新型スペーシアカスタムZの値引きの方法については、 「新型スペーシアカスタムZ 値引き術!」で詳しく解説しています。 新型スペーシアの機能と同じように、小さなことを積み重ね、大きな値引きを勝ち取りましょう。

次の

スズキ・スペーシア

スペーシア カスタム オプション

初代スペーシアが発売されたのは2013年。 「パレット」の後継モデルとして両側スライドドアなどの特徴を受け継いでおり、今回のフルモデルチェンジで2代目となる。 近年の軽スーパーハイトワゴン市場は、ホンダ「N-BOX」や日産「デイズルークス」など強力なライバルたちがひしめき合っている。 そんな中でフルモデルチェンジが施される新型スペーシアは、外観や内装、細部の使い勝手に至るまで「ユーザーの声」をもとに徹底的な見直しが図られた。 >> 新型スペーシアのグレード、価格、スペックについては以下の通り。 6 m/JC08モード燃費:25. 3 kW(3. さまざまなところへ一緒に出かけ、たくさんの思い出をつくり、使うたびに愛着の湧くスーツケースが、新型スペーシアのモチーフとなっている。 スズキ 新型「スペーシア」のサイドイメージ スズキ 新型「スペーシア」のフロントフェイス 新型スペーシアは、ボディサイドにスーツケースの表面のような凹凸がデザインされているのが特徴的だ。 また、フロントフェイスには、グリルにスーツケースのジッパーのようなデザインが、グリル下の開口部にはスーツケースハンドルのようなデザインが施されている。 新型スペーシアの14インチホイール仕様には、スーツケースのキャスターのようなホイールキャップデザインが施されている さらに、新型スペーシアの14インチホイール&タイヤ仕様車には、スーツケースのキャスターのようなホイールキャップがデザインされているなど、さまざまな個所でスーツケースのイメージが表現されている。 歴代「スペーシア」を画像で比較。 左上が新型「スペーシア」、中央が先代「スペーシア」、右下が「パレット」 新型スペーシアを、先代スペーシアやパレットの画像と比較すると、先代スペーシアはパレットを汲むようなデザインであったが、新型スペーシアはガラリと変わって、ポップで個性的なデザインへと変更されていることがわかる。 スズキ 新型「スペーシアカスタム」のフロントイメージ スズキ 新型「スペーシアカスタム」のリアイメージ また、新型スペーシアをドレスアップした「スペーシアカスタム」は、サイドこそ新型スペーシアと同様にスーツケースを模した凹凸がデザインされているものの、フロントフェイスは新型スペーシアとは全く異なる。 スズキ 新型「スペーシアカスタム」のフロントフェイス 先代スペーシアカスタムの外観は、近年の軽カスタムモデルとしてはややおとなしめの印象で、その後に派手なマスクを持つ「スペーシアカスタムZ」がラインアップされて話題となった。 歴代「スペーシアカスタム」を画像で比較。 新型スペーシア、スペーシアカスタムともに、先代と比べて「個性」が強調されたといえるだろう。 個性を表現しつつスタイリッシュになった新型スペーシアの「インテリア」 スズキ 新型「スペーシア」のインパネ スズキ 先代「スペーシア」のインパネ 新型スペーシアのインテリアは、先代と比べてかなりスタイリッシュになった。 先代では全体的に軽自動車っぽく、少し野暮ったいインパネという印象が拭えなかったが、新型スペーシアでは水平基調のデザインとなり、特にカーナビやエアコンスイッチ、エアコンルーバーなどが配置されているインパネ上部を主に、大きく改善されている。 助手席側インパネにある「インパネ収納ボックス」。 画像は閉じた状態 助手席側インパネにある「インパネ収納ボックス」。 画像は開いた状態 インパネの特徴としてあげられるのが、助手席側にあるスーツケースを模した「インパネ収納ボックス」だ。 このインパネ収納ボックスは上部に開けることができ、大きめの財布などさまざまな小物をしまっておくことができる。 ドライバーや助手席に座る乗員にとって、使い勝手のいい便利な収納となるだろう。 さらに、アッパーボックスの下のシルバー部分は引き出し式の収納となっており、ボックスティッシュがすっぽりと入る大きさになっている。 その左にあるドリンクホルダーは、500mlのペットボトルを入れることができる。 これらの収納は、使わないときは格納できるので、見た目もすっきりとしていて、利便性が高い。 また、アッパーボックスのカバー部分(画像ではホワイト)は、ディーラーオプションでカラーリングを変更することができるなど、遊び心にもあふれている。 スズキ 新型「スペーシアカスタム」のインパネ 新型「スペーシアカスタム」では、ステアリングとシフトノブに本革が採用され、どちらも赤ステッチが施されており、高級感のあるインパネをいっそう引き立てている いっぽう、新型スペーシアカスタムのインパネは、新型スペーシアとは印象が異なり、黒基調で高級感が漂う。 ブラックパールのカラーパネルとメッキ加飾で飾られたインパネによって豪華さが演出され、さらに本革のステアリングやシフトノブにはレッドステッチが入れられるなど、特別なモデルを所有する喜びを得られる工夫も施されている。 新型「スペーシア」のメーター 新型「スペーシアカスタム」のメーター ちなみに、新型スペーシアと新型スペーシアカスタムではメーターのデザインが異なる。 新型スペーシアのメーターは、シンプルな一眼メーターに液晶が付いているデザインだが、新型スペーシアカスタムでは中央のスピードメーター以外に、左にタコメーター、右にガソリン残量メーターをもつ3連メーターが採用されており、新型スペーシアのメーターに比べて高級感が高められている。 新型「スペーシア」のフロントシート 新型「スペーシアカスタム」のフロントシート。 新型スペーシアカスタムのフロントシートは、サイドサポートがしっかりとした専用シートとなっている もうひとつ、新型スペーシアと新型スペーシアカスタムの違いとしてあげたいのが「フロントシート」だ。 新型スペーシアカスタムのフロントシートでは、肩まわりを強調した迫力あるデザインの専用シートが採用されていることも、特徴のひとつだ。 さらに、フロントガラスを立ててインパネの圧迫感を軽減させることなどによって開放感も高められており、快適に運転できるような工夫が施されている。 また、新型スペーシアではスズキの新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」が採用されている。 これによって、前席と後席の距離が10mm広げられているほか、室内幅も前席の左右の距離が30mm広がるなど、室内スペースが広がった。 さらに、後席はヘッドクリアランスが拡大されているなど、居住性もアップしている。 乗り降りしやすくなった新型スペーシアの「スライドドア」 新型「スペーシア」のスライドドアの開口部は、縦横それぞれ20mm広げられている 新型スペーシアでは、乗降性も向上している。 スライドドアの開口高と開口幅は、それぞれ20mm広がった。 さらに後席左右Bピラーへ乗降グリップを設置したり、ステップとフロアの段差を少なくするなどの改善によって、後席の乗り降りがしやすくなっている。 また、パワースライドドアが閉まる動作中にドアロックを予約できる新機能が搭載された。 これにより、スライドドアが全て閉まるまで施錠操作を待たずにクルマから離れても、自動で施錠される。 これは、スズキ車で初採用となる機能だ。 開口部を広げ段差を少なくするなど改善が施されたラゲッジルーム 新型「スペーシア」のラゲッジルーム。 画像は、リアシートを畳んだ状態。 ラゲッジルームは縦が50mm拡大、地上高は25mm下げられて荷物の出し入れが楽になった。 また、先代スペーシアではリアシートを畳んだ際に段差ができてしまっていたが、新型スペーシアでは段差はなく、ゆるやかなスロープ状になる 新型スペーシアのラゲッジルームは、荷室の開口の高さが50mm拡大した。 さらに、荷室の地上高が25mm低くなり、荷物の積載がしやすくなっている。 また、先代ではリアシートを倒すとラゲッジルームとのあいだに段差ができてしまっていたのだが、新型スペーシアではシート形状を工夫してラゲッジ面の段差が抑えられている。 また、シートアレンジにも使いやすくするための工夫が施されている。 ひとつは、リアシートに「ワンタッチダブルフォールディング機構」が採用されていること。 これにより、軽い力でリアシートを畳んだり戻したりすることができるようになった。 また、先代では荷室側からリアシートを畳んだり、スライドさせたりといったことが難しかったが、新型スペーシアではリクライニングレバーの位置を変更することなどにより、荷室からリアシートをスライドさせて畳むことができるようになっている。 乗員全員が車内で快適に過ごせる機能もスズキ車で初採用 スズキ初の装備として新型スペーシアに搭載される「スリムサーキュレーター」。 車内の空気を循環させることで車内温度を均一に保つ装備だ スズキ車初の機能として、「スリムサーキュレーター」が新型スペーシアに導入されている。 スリムサーキュレーターは、小風量の高速気流を後席へ吹き出すことで、前席から後席へ空気の流れを誘引させるもの。 たとえば、後席にエアコンの風が直接届かないために、後席の同乗者が寒かったり暑かったりといったことを解消する役目を果たす。 軽自動車で初の装備となる、エアコンの風を拡散させることのできる「エアコンルーバー」が新型スペーシアへ採用されている 新型スペーシアでは、前席中央にエアコンの風を拡散させることのできる「エアコンルーバー」が設置されている。 エアコンルーバー中央のノブを回せば、エアコン風量を調節できるだけでなく、風を集中させたり拡散させることで、たとえばエアコンの風が直接身体に当たっていたとしても、風を拡散させることによって当たり方をソフトにすることができる。 新型スペーシアで大型化された「サンバイザー」 そのほか、サンバイザーが大型化されており、小柄な女性でも手が届きやすく直射日光をさえぎりやすくなるなどの改善が施された。 新型スペーシアは全車「マイルドハイブリッド」を搭載 新型「スペーシア」のエンジンルーム 新型スペーシアでは、新型スペーシアカスタムと合わせて全グレードが「マイルドハイブリッド」搭載車となっている。 同社の「ワゴンR」と同じく、高出力化されたISG(Integrated Starter Generator=モーター機能付発電機)と、大容量化されたリチウムイオンバッテリーを新型スペーシアに搭載。 それにより、モーターによるクリープ走行(最長10秒間)や、モーターアシスト(最長30秒間)を可能としている。 新型スペーシアで新たに装備された「パワーモード」機能 新型スペーシアでは、「パワーモード」機能も装備された。 エンジンに加えて、ISGがモーターアシストすることによって力強く加速することができ、坂道や高速道路などの加速力が必要な場面で快適に走行することができる。 パワーモードへの切り替えは、ステアリングにあるボタンを押すことで可能となる。 また、新型スペーシアでは、新プラットフォームにあわせて専用にチューニングされたサスペンションが採用されており、高剛性化や軽量化、乗り心地を向上している。 また、エンジンに遮音カバーが追加されていたり、エンジンフードやカウル、ダッシュパネルにサイレンサーが追加されるなどで、静粛性も向上している。 軽自動車初の「後退時ブレーキサポート」など安全機能は充実 人も検知できる「デュアルセンサーブレーキサポート」や軽自動車初の「後退時ブレーキサポート」、「誤発進抑制機能」「車線逸脱機能」「標識認識機能」など充実した安全装備を持つ新型「スペーシア」 新型スペーシアでは、安全装備も充実している。 「デュアルセンサーブレーキサポート」によって、前方のクルマや歩行者に対して自動ブレーキが働くほか、新たに「後退時ブレーキサポート」も装備された。 これは、軽自動車初の装備となり、超音波で後方の障害物を検知、衝突が避けられないと判断された場合には自動ブレーキが作動するというもの。 新型「スペーシア」には軽自動車初の装備として、フロントガラス投影式でカラータイプの「ヘッドアップディスプレイ」が採用されている また、もうひとつ軽自動車初の装備として、フロントガラス投影式のヘッドアップディスプレイが採用された。 スズキでは、「ワゴンR」にも軽自動車初の装備としてヘッドアップディスプレイが採用されていたが、あちらはダッシュボード上にあるパネルに投影させるもの。 フロントガラスに投影させるヘッドアップディスプレイは、今回の新型スペーシアが初となる。 「ヘッドアップディスプレイ」の操作スイッチ。 表示内容の変更や表示位置の調整、明るさの調整などが行える ヘッドアップディスプレイの表示内容は、車速に加えて「シフトポジション」「瞬間燃費」「エンジン回転数」「エネルギーフロー」「交差点案内」「エアコン設定」を切り替えて表示させることができる。 また、新型スペーシアには標識の認識機能も搭載されており、標識を認識すると都度ヘッドアップディスプレイ上に表示される。 徹底的な改善でライバル車へ挑む新型スペーシア スズキ 新型「スペーシアカスタム」イメージ より個性あるエクステリアへと生まれ変わり、インテリアの質感は大きく向上。 さらに、顧客からあがっていた要望や改善などに対して徹底的に取り組むことでライバル車との距離を縮め、軽自動車初の機能など多くの魅力を備えた新型スペーシアと、新型スペーシアカスタム。 いま、新型スペーシアの最大のライバルであり、目下の販売台数は絶好調といえるホンダ「N-BOX」にどこまで対抗できるのかに注目したい。

次の

めちゃよくなった新型「スペーシア」「スペーシアカスタム」!イカついだけじゃない新型モデルを徹底解説

スペーシア カスタム オプション

記事の目次です• おすすめオプション NO. 1「全方位モニター用カメラパッケージ」 新型スペーシア ギアにおすすめのオプション1つめは「全方位モニター用カメラパッケージ」です。 このオプションは車の四隅にカメラが付いており、この映像を画像処理し車を真上から見ているような映像を映す装備です。 このオプションを機能させるには別売のナビモニターを装着する必要がありますが、運転が苦手な女性などにはおすすめのオプションと言えます。 さらにこのオプションは「ヘッドアップディスプレイ」もセットで装備されています。 フロントガラスに速度を映し出すことができますので、目線移動が少なく安全にドライブができます。 そのほかにはバックカメラ、UBSソケット、GPSアンテナなどがセットオプションとなっています。 価格は 84240円で割安ですので是非とも装着したいオプションだと思います。 おすすめオプション NO. 2「ハイドロフィリックドアミラー」 新型スペーシア ギアにおすすめのオプション2つめは「ハイドロフィリックドアミラー」です。 通常ドアミラーは雨などが降ると水滴が付着しますが、このハイドロフィリックドアミラーは親水処理が施してありますので、水がミラーに滲みます。 ミラーに水滴が付くと見にくくなりますので、怖い思いをしたことがあるという人も多いと思います。 この親水加工は高級車には標準装備されていることが多く、最近は大衆車にもオプション設定されるようになってきました。 価格は 14364円とあまり高くありませんので、安全のために是非とも装着したいオプションです。 おすすめオプション NO. 3「フロアマット(トレイ)」 新型スペーシアギアにおすすめのオプション3つめは「フロアマット(トレイ)」です。 新型スペーシア ギアはアウトドア志向が高いモデルですので、釣りに行ったり、スキーに行ったりする人が多いと思います。 外で遊ぶとどうしてもフロアマットが汚れてしまいます。 この点、トレイ式なら汚れたときにすぐに洗うことができますので、車内を清潔に保つことができます。 また、アウトドアには使用しないというユーザーでも、梅雨の時期や雪が降る時期だけこのトレイ式に交換するということもできます。 価格は 16902円と割安ですので、通常のカーペット製と2種類購入するというのもおすすめです。 おすすめオプション NO. 4「カータープ」 新型スペーシアギアにおすすめのオプションアイテム4つめは「カータープ」です。 新型スペーシア ギアはアウトドア指向が強いモデルなので、キャンプなどに出かけるという人もたくさんいると思いますが、そうした人におすすめのアイテムです。 このカータープは簡単に言うと日除けで、ルーフレールに器具を取り付けてテントをかぶせます。 通常こうしたテントは大きくなってしまいますが、このカータープはコンパクトに収納することが可能です。 純正品ですので、しっかりした造りになっておりとても使いやすいのが特徴です。 価格は 38880円と少し高価ですがキャンプが好きな人にはおすすめのアイテムだと思います。 おすすめオプション NO. 5「プライバシーシェード」 新型スペーシアギアにおすすめのアイテム5つめは「プライバシーシェード」です。 スペーシアギアのオーナーはいろいろなところに出かけて、道中で車中泊する人も多いと思います。 そんな人におすすめなのがプライバシーシェードです。 こうした製品はカー用品店などでも販売されていますが、純正品は窓にぴったりフィットするのが特徴です。 またこのプライバシーシェードにはメッシュも付いていますので、夜は窓を開けたりすることもできます。 価格はフロントガラスとフロント左右がセットで 23760円、それ以外のウインドー用がセットで 27000円です。 割高感がありますが、純正品であることを考えるとそんなに高くはないと思います。 ここからは新型スペーシアギアに必要ないと思われるオプションをお伝えします。 必要ないオプション No. 1「ステンレスペダル」 新型スペーシアギアに必要ないと思われるオプション1つめは「ステンレスペダル」です。 価格はアクセルペダルが 10746円、ブレーキペダルは 2700円です。 これは通常樹脂製のペダルをステンレスに交換するというオプションで、スポーツカーなどに良く採用されているオプションです。 しかし、これのデメリットは滑りやすいという点です。 金属なので元々滑りやすく、濡れているとさらに滑りやすくなります。 スペーシアギアのオーナーはアウトドアで足元が悪い場所に行く人も多いと思いますので、得には必要ないアイテムです。 必要ないオプション No. 2「デカール」 新型スペーシアギアに必要ないと思われるオプション2つめは「デカール」です。 新型スペーシアギアには車に貼るステッカー(デカール)がたくさん用意されています。 これは車の雰囲気をミリタリー調にへんこうするもので、フロント、サイド、リヤなどに貼ることができます。 しかし、アウトドア調のデザインにミリタリー調のデカールはあまり似合いませんし、車全体の雰囲気が下品になってしまいます。 このためミリタリー調のデザインが好きな人以外は特に必要ないと思います。 まとめ 新型スペーシア ギアは登場したばかりで注目されているモデルです。 アウトドア用の様々なオプションが用意されており、キャンプなどが好きな人は自分好みの仕様にすることができます。 また、車中泊ができるようなアイテムもたくさん用意されていますので、いろいろな場所に出かけるという人が好むようなオプションも用意されています。 そして、ヘッドアップディスプレイなどの安全装備を選ぶこともできます。 4ヘッドアップディスプレイは使い始めるととても便利なアイテムですが、それがセットオプションで割安に装着できますので、とても良心的な価格設定ですね。 (ドケチでもあります。 ) 私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。 その結果は・・・ なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。 本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。 本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。 ・・・というわけで、 私が使った、 3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。 誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。 興味の無い方は、Yahoo! トップページに飛んでください。 ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。 そうすることで・・ 「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、 ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。 」 という値引きへのアピールを意思表示できます。 そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。 実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。 ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。 忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。 しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。 ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。 そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。 この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。 これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。 買取査定は本当にピンきりで、 最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。 一番オススメなのが、「 」です。 私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。 一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。 ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。 どうやら高額買取してくれる店は、 東南アジアに輸出してるみたいです。 だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。 なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、 無料一括見積りをすることをおすすめします。 最後に・・ 私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか? あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。 そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。 3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。 買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。 翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。 少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、 カーリースが良い選択です。

次の