即位 礼 正殿 の 儀 イラスト。 昭恵夫人、即位の礼で髪型も非礼&バッグ開いたままで“日本の恥”…周囲の助言を聞かず

天皇陛下「即位礼正殿の儀」慶祝特別企画

即位 礼 正殿 の 儀 イラスト

即位礼正殿の儀 ことし5月の皇位継承に伴って、新たに即位した天皇陛下が即位を内外に宣言される「即位礼正殿(そくいれいせいでん)の儀」が皇居・宮殿で行われました。 天皇陛下は「国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います」と述べられました。 「即位礼正殿の儀」は国事行為として行われる「即位の礼」の中心となる儀式で、天皇陛下は皇居・宮殿の「松の間」で皇后さまとともに臨まれました。 儀式には秋篠宮ご夫妻をはじめ、11人の皇族方が参列されたほか、外国の元首や王族、それに内閣総理大臣など三権の長や各界の代表など、およそ2000人が参列しました。 21日夜から降り続く雨のため、中庭に整列する予定だった古式ゆかしい装束の職員は人数を減らして屋内に配置されました。 天皇陛下は平安時代から儀式での天皇の装束とされる「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」に身を包んで「松の間」に入り、正面中央に置かれた高さ6メートル50センチ近くある「高御座(たかみくら)」の台座にのぼられました。 続いて十二単(じゅうにひとえ)を着た皇后さまが「高御座」と並んで置かれた高さ5メートル50センチほどの「御帳台(みちょうだい)」にのぼられました。 午後1時12分、侍従と女官によって、「高御座」と「御帳台」のとばりが開けられると両陛下が姿を見せられました。 そして天皇陛下が即位を内外に宣言するおことばを述べられました。 この中で天皇陛下は「国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います。 国民の叡智とたゆみない努力によって、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします」と述べられました。 続いて安倍総理大臣が天皇陛下の前で「寿詞(よごと)」というお祝いの言葉を述べました。 そして安倍総理大臣の発声で参列者が万歳を三唱し、これに合わせて皇居外苑の北の丸公園で自衛隊が21発の礼砲を打ち鳴らしました。 このあと「高御座」と「御帳台」のとばりが閉じられ、両陛下が「松の間」から退出されて、儀式はおよそ30分で終わりました。

次の

即位礼正殿の儀はいつ行われるの?場所や参列者のまとめも

即位 礼 正殿 の 儀 イラスト

10月22日、厳かに「 即位礼正殿の儀」が行われましたね。 国会議員は全員が招待されたので、秘書たちも準備を楽しませていただきました。 園遊会など皇室行事のご招待では、案内状に「平服可」と書いてあるのですが、今回はそのような言葉はなく、「正装」とありました。 一般的な正装とは、男性ならスーツではなくモーニング、女性はロングドレスまたは色留袖ということだと理解していましたが、実は当日の議員たちの服装はそうともいえませんでした。 若い男性議員には、いつもより少しだけ上等なスーツ姿の人もいましたし、女性議員の中にもスーツ姿が見受けられました。 着物は着ていても、訪問着が多く、紋付や色留袖の方は少数でした。 なので、ネットで「 昭恵夫人の服装がドレスコード違反では?」と炎上しているようですが、全体的に見ると、そこまで浮いてはいなかったのが実情です。 厳密には違反とまではいえないと思います。 ただ、昭恵夫人は日本の総理大臣の配偶者です。 英語で言えば「ファーストレディ」。 日本を代表する夫人と言っても過言ではないお立場の方として考えると、非常に残念でした。 神澤としては、服装もですが、ヘアスタイルにもがっかりしました。 女性議員たちは朝早くからヘアサロンを予約して、秘書が送迎して……と準備に奔走していたのに、昭恵夫人のヘアスタイルはプロがブローしたようには見えませんでした。 ご自分でいつものようにセットした感じです。 即位礼正殿の儀という国事行事のために、もっとしっかり準備して臨んでいただきたかったです。 夜の「饗宴の儀」では和装されたそうですが、そのときも訪問着で登場し、手にしていたバッグの口がパカパカと開いていたと、さらに炎上していましたね。 でも、とても不思議です。 首相夫人なのですから、普通はスタイリストがつきますし、このような重要な式典では、事前に官邸の職員が準備を手伝うのが通例だからです。 一般の議員ですら秘書が準備するのですから、首相夫人のスタッフが事前に手伝わないなんて、普通は考えられません。 実は一説には、今回に限らず、周囲が手配しようとしても昭恵夫人が一切耳を貸さないので、誰も何も言えなくなっているのだとか。 安倍晋三首相も別行動が多いので、夫人と顔を合わせたのは直前だったのでしょう。 そのときに何か気づいても、もう間に合わなかった……というのが真相のようです。 それにしても、昭恵夫人はおみ足もおきれいでしたよね。 全体的にスタイルがいいですし、こんなつまらないことで叩かれるのはもったいないと思います。 永田町で鈴木貴子議員が人気の理由 とはいえ、国会の「お召し物事情」はけっこう難しく、秘書たちがしっかりしていないと大変なことになります。 以前、内閣改造の際に片山さつき大臣(当時)が認証式のドレスを買い直したドタバタ話を思い出しました。 やはり、誰にも相談せず、自分好みの半袖のドレスをオーダーメイドして、大臣の指名を待っていたそうです。

次の

天皇陛下「即位礼正殿の儀」慶祝特別企画

即位 礼 正殿 の 儀 イラスト

【即位礼正殿・饗宴の儀】ドレスが素敵すぎる!各国出席者のファッションまとめ まるでディズニーのような華やかなドレスが印象的だった「 即位礼正殿 の 儀」と「饗宴の儀」。 各国の出席者のファッションをまとめてみました。 デンマーク/フレデリック皇太子ご夫妻 キラキラのスパンコールが映えます。 大きな花のついた帽子と、袖が特徴的なワンピース。 スタイルがよくないと、着こなせないですね。 スペイン/フェリペ6世国王ご夫妻 鮮やかなピンクが目を引きます。 小さい頃に憧れたプリンセスの象徴のよう。 こちらはグリーンベースの花柄模様。 エストニア/ケルスティ・カリユライド大統領 国鳥のつばめをあしらったドレス。 柄のバランスと丈の長さで、高級感のなかにもオシャレ要素が。 オランダ/ウィレム国王・マクシマ王妃ご夫妻 赤と黒で落ち着いた雰囲気を演出。 ティアラとネックレスもゴージャスですが、品がありますね。 まるでお花をかぶっているかのようなこちらの帽子も素敵です。 ブータン/ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュク国王ご夫妻 民族衣装がとても目立っていて、これはこれでまた違った楽しさがあります。 鮮やかな紫の模様がキレイですね。 こちらはまた違った色遣いです。 映画でも見ているかのようです。 ベルギー/フィリップ・ド・ベルジック国王ご夫妻 ゴールドのロングドレス。 とても上品です。 こちらはパステルピンクがかわいいですね。 40代後半で、こんなにピンクを着こなせる方は他にいないのでは・・? スウェーデン/カール16世グスタフ国王と皇太子殿下 落ち着いた色のシンプルなドレス。 髪をアップにしているのも、素敵ですね。 こちらは鮮やかなブルーのドレスです。 マレーシア/アブドゥラ国王ご夫妻 国王のお召し物がかっこいいですね。 王妃はゴールド系ですが、落ち着いていて布遣いが楽しい衣装です。 パラグアイ/ ベラスケス副大統領ご夫妻 シースルー素材に花柄をあしらった素敵なドレスです。 このはな柄は パラグアイ の 伝統工芸、「ニャンドゥティ」というらしいです。 フィリピン/ドゥテルテ大統領ご夫妻 緑色が鮮やかなドレス。 大胆な生地遣いがオシャレですね。 トンガ/トゥポウ6世国王ご夫妻 落ち着いた色でのコーディネートです。 王妃のレースがインパクトになっていますね。 エスワティニ/ムスワティ3世同妃両陛下 グリーンという落ち着いた色ながら、華やかな感じのドレスがキレイです。

次の