グラブル マグナ ハイランダー。 グラブルで土カイム君マグナハイランダーはきついですか?現在支配の天秤...

【グラブル】 支配の天秤の4凸完成 ハイランダー編成をちょっと使ってみた感想

グラブル マグナ ハイランダー

ででん! んー…リミ2本でこれなら十分…か?動画を見て頂ければ分かりますが、天秤やカイム、白虎拳や、英雄王の槍などのおかげで、通常攻撃や奥義ダメージはかなり上がった印象。 終末4凸でこれなので5凸ならもっと変わるはず。 ただHPはかなり下がります。 代わりにティターンハイランダーは、 カイムの効果で防御50%アップの恩恵があるので多少は補えるかもしれませんが、心許なくは感じてしまいますね。 後日通常終末に入れ替えた状態のHP。 十分と言えば十分ですが、 マグナと比べると1万前後くらい下がります。 クリスマスナルメアやハロウィンゼタラガなど追撃が優秀なキャラで比較するとさらに大きなダメージの違いが見られます。 感想まとめ 後悔したというレベルではないですし、想像していたよりは伸びたなといった印象。 リミ2本だけでこれなら及第点かなと思います。 …が、元々マグナが強いこともあり、ダマや金剛をいくつか突っこんで、ティターンハイランダーにする価値、費用対効果を考えると難しいところ。 少ないリミ武器、ダマで簡単に神石編成ができるという面での費用対効果は悪くないと思いますが、マグナと比較した際にどれだけ価値があるかは自分の手持ちのリミ武器や石、所持キャラ、終末5凸の有無などの環境によって価値が変わるかと思います。 自分はゴブロ3凸を持っていて、一期一振が2本、エーケイが1本と、ダマ5個のみの消費で済んだので多少気軽にできましたが、ティターンに金剛3個、リミ1本ずつしか所持していないならダマが6個、刃鏡片にも入れたりすれば9個。 カイムも必須なので玉髄などの消費もあり、これだけの消費量になると他属性である程度の神石編成もできるくらいなので、ちょっと厳しいですね…。 自分がこの状況だったら移行していないです。 自分の感想としてはダマ5個分の価値は相応にあったかなと感じています。 冒頭で述べましたが、カイムの存在によって足りない攻刃量を埋められ、上限もさらに上げられる部分は他属性のハイランダーにない特徴なので、将来性も考えれば十分満足な結果でした。

次の

グラブルにて、マグナ編成では十賢者のカイムの恩恵はあまりない...

グラブル マグナ ハイランダー

風マグナで天秤ハイランダー編成は強いのかどうか。 実際のダメージ紹介をもとに、強い条件や弱いケースを解説します。 実際のダメージを確認 武器編成• メイン:オメガ武器 渾身• グリム琴• ティア銃• ティア拳• オールド・ナラクーバラ• 4凸終末武器• 青竜牙矛・邪• ゼノサジ拳• 天司武器• 支配の天秤 リミ武器なしのパターン。 もしエタラブなどがあれば編成に入ります。 マグナ編成なので、ハイランダー編成でもマグナ武器は多めになります。 オメガ武器は別に剣である必要はありません。 例えばグリームニル、アンチラ、ニオという風にするなら杖の方が当然良いです。 マグナ2編成では両面マグナが基本ですが、ハイランダーでは両面マグナは却って弱くなるので注意。 ジャッジメントはSR3凸 5%UP のものを使用。 キャラ編成 主人公ベルセルクに、最終シエテ、アンチラ、最終ニオ。 まずはアンチラありの場合のダメージを紹介します。 敵の防御を下限にし• オメガ武器の奥義バフ 属性攻撃30%UP• シエテの奥義バフ 攻刃30%UP• アンチラの3アビ 攻刃50%UP• ニオの2アビの特殊強化部分 攻刃30%UP 以上の「戦っている中で自然に付与されるバフ」が乗った状態のダメージを確認します。 ニオ2アビ使用時の3ターンのみの攻刃30%UPは持続性がないため省いています。 また、この編成はグリム琴によってクリティカルが発生する可能性がありますが、以下紹介するダメージは全て非クリティカル時のものです。 約75万ダメージが出ており、上限の約76万にほぼ届いています。 主人公以外のキャラの通常攻撃の上限は約67万で、シエテは上限に近いダメージが出ています。 1アビで剣光を貯める場合は余裕で上限に届きますね。 オメガ剣のスキルが乗っていないため、上限の67万には4万ほど届いていません。 ニオもオメガ剣のスキルが乗っていないので、上限の67万には5万ほど足りません。 シエテがいる場合はサポアビによって全員の奥義ダメージが1. 5倍になるので、余裕をもって全員上限に届きます。 なお、支配の天秤のダメージ上限10%は、もちろん奥義ダメージの上限も10%上がります。 アンチラなし アンチラの代わりに、バッファーであり強力なアタッカーでもあるスカーサハを編成した場合。 アンチラ3アビ 攻刃50%UP がない代わりに、スカーサハの1アビ 風属性攻撃30%UP を付与した場合のダメージを見てみます。 ニオは約53万で、9万ほど低くなりました。 奥義に関しては問題なく上限に届きます。 従来のマグナ2編成のダメージ ここで一般的なマグナ2編成のダメージを見てみます。 グリム琴3+ティア銃3のオーソドックスなタイプ。 バフ状況は先ほどと同じです。 主人公の上限70万、他キャラの上限61万に全員安定して届いています。 ダメージが出た順に並べると、• アンチラ入りハイランダー• グリム琴3本両面マグナ• アンチラなしハイランダー の順番となります。 ハイランダー編成を使う以上、旧来のグリム琴3編成のダメージを超えられないと意味がない 天秤でダメージ上限を上げている意味がなくなる ので、 【終末武器が4凸の場合はアンチラがいればハイランダー編成は運用可能レベルですが、アンチラがいない場合は運用しない方が良い】と言えます。 HPが減るとグリム琴の渾身スキルの効果が下がるので少し火力が下がりますが、一定以上HPが減ると今度はティア銃の背水が効き始めるため火力が上昇していきます。 HPが70%まで減った時が最低火力で、HP100%の時と比べると約0. 9倍の与ダメージになります。 この時はグリム琴3編成よりもダメージが出なくなってしまうことも考えられるので、残りHP70%付近にすぐなってしまうような攻撃の激しい敵相手には、このハイランダー編成は相性はよくありません。 運用の動画 メデューサソロで実際に使ってみました。 ダメージの確認などにどうぞ。 敵が固い場合はアンチラがいても厳しい アンチラ入りハイランダーはグリム琴3編成よりもダメージが出ていましたが、これは上限に引っかかったグリム琴編成よりも、上限のさらに高いハイランダー編成がダメージを出せていたからです。 では、敵の防御値が高いなどの理由でダメージが出にくい場合はどうでしょうか。 上限を考慮しない場合の火力の高さはグリム琴3編成の方が圧倒的に高いので、ダメージが出にくく 上限付近に届かない場合は、アンチラ入りハイランダー編成よりもグリム琴3本編成の方が強力です。 終末武器を5凸できるならハイランダーは非常に強力 終末武器を5凸して渾身を付けると、火力が約1. 3倍になります。 3になるので、簡単に上限に到達します。 つまり、 終末武器が5凸できるなら風マグナハイランダー編成は非常に強力で実用的であると言えます。 召喚石の問題 ある意味では最大の難関かもしれないのが、片面属性石になるという点。 現在、風属性のフレンド石は多くのプレイヤーがティアマグorゼピュロスを置いており、 3凸グリームニルを置いている人は少ないため、フレ石で安定して選び続けることが難しいという事情があります。 自分で3凸グリームニルを持っていればフレ石でティアマグを選ぶだけなので全く問題ありませんが、そうでない場合は苦労するでしょう。 まとめ 風マグナハイランダー編成は• 終末武器が4凸の場合はアンチラがいれば運用可能• 敵が固い場合、アンチラがいても終末4凸なら不向き• 終末武器が5凸できるならアンチラ問わず非常に強力 guraburukouryakusinannjo.

次の

【グラブルQ&A】土マグナvs土ハイランダー[No250083]【グランブルーファンタジー】

グラブル マグナ ハイランダー

マグナハイランダーは議論の俎上に載る事が多いのですが、気になったので調べてみました。 結論としては使い分けできる程度には差別化されていると感じます。 しかし渾身依存度が高いため、HPが80%程度で20万前後のダメージとなり、50%になると16万程度、25%を切って渾身が効かなくなるとなんとか10万、といった感じで、当然ですがHPが減れば減るほど火力が下がっていきます 主人公の最大HPは5万を超えるのでHP自体は高いのですが、敵の火力が高いと厳しいと感じました 対してハイランダーですが、クリティカル非発生時で23万程度のダメージ、クリティカル発生時で28万以上のダメージが出ます(ゴブロ斧と秋ノ落葉でクリティカル発生率36. 3%) 渾身武器がゴブロ斧1本なのでHPが半分に減っても20万前後のダメージを安定して出せており、25%を切っても17%程度と、渾身依存度の低さが如実に現れる結果となりました。 さらにクリティカルがそれなりの確率で発生するので、ターンダメージは安定しませんが思ったより火力が出ている印象です 主人公の最大HPは4万程度と低くなりますが、カイムの逆位置サポアビで防御力が高く案外タフですね ただし、カイムがフロントに出てしまうと逆位置サポアビが切れてしまい、ダメージも低下してしまいました 検証を行う前のイメージではマグナハイランダーの火力はもうちょっと低いと想定していたのですが、カイムの逆位置サポアビの火力と、4凸が実装されたオールドペルセウスのおかげか、案外高い火力を維持出来ていると感じました カイムがフロントに出たときの火力低下は厳しいですが、長期戦に十分耐えうると思いますね。 今回は検証外でしたが、オクトーを採用したり、バフが乗ったり、終末5凸(進境)を採用した場合は上限が高いカイムハイランダーの特徴を活かしてさらに上を目指せるのも利点の1つですね >グラブルにて、マグナ編成では十賢者のカイムの恩恵はあまりないですよね?マグナで編成をバラつかせるより普通のマグナ2編成の方が強くなると思うのです。 その判断でほぼあっているといっていいです。 ただし、敵の防御倍率が高くなく、バフを盛る環境下であればカイム入りハイランダー編成は上限を生かして割と優位に戦うことが可能です。 ただし、カイムがいても永遠拒絶の5凸+渾身付与は必須になります。 古戦場のHELLを考えるとマグナハイランダーの場合火力が足りず、上限が生かせないので装備をバラバラにするデメリットしかないため通常の確定クリティカル編成のほうが優位になる可能性が非常に高いです。 なので永遠拒絶が5凸渾身がついていて古戦場と特に考えない場合はハイランダーで遊ぶことはできますね。 コピー能力を持っていますのでハロウィンゼタ&バザラガなどがいればフロントキャラとしても非常に強いキャラなので、そういった使い方を考慮するなら古戦場利用もできます。 >アラナン以外はまだ加入していないのですが、次はニーナを取るか上記のカイムをとるか悩んでいます。 戦力のみで考えるならばニーアがお勧めです。 マグナ、神石など特に編成に縛りなくどんな状況でも活躍してくれます。 デス召喚により正位置効果も発動しやすいですし、背水で戦いながらキャラが落ちて出てくるのを待つ使い方もできます。 ただ、効率よく十賢者を加入させていきたい場合はアストラの入手の難しい光闇のキャラは他賢者を集めつつ光闇アストラを集めて加入させる方が効率はいいです。 3、6回目の最後に登場するパペットのボスの属性に光闇がないので比較的4属性に比べるとアストラが集めにくいんです。 アラナン、ニーア、カイムだけ取れば十分と最初のほうは言われていましたが、しっかり使われだしてフラウ、ロベリアなどもかなり見直されてきていますので(フラウはフルオート要因)加入を急ぎたい場合などは光闇は後回しのほうがお勧めですね。 そのあたりを考えてニーアにするかを決めるといいと思いますよ。 フェイトエピソード的に最終上限解放など今後の強化やいまだ実装されていないワールド強化、対応賢者なども考えられますので、できる限り早めにいろいろ素材が余るようにしておきたいなども考えておくといいかもしれません。

次の