諸処了解しました。 「種々」の意味と使い方を解説!「種々」を使った例文を紹介

👑🎸🍀Lass uns lächeln 全員集合!🎉👻☠️:コミュニティ

諸処了解しました

尊敬語は、相手側の存在や動作を立てる敬語。 丁寧語は、言い方を丁寧にして、聞き手や読み手を立 てる敬語で、文末に「です」「ます」が付いた言い方。 美化語は、自分の言い方を飾る言葉遣い。 「承知いたしました」は尊敬語ではなく謙譲語です。 自分が「承知」した場合、「承知いたしました」というのは 正しい敬語の用法です。 ただ、固い感じがするので、 接客業の場合は「かしこまりました」と言った方が感じよく 聞こえるかもしれません。 また、女性が使うと生意気だと 思う人もいるかもしれません。 しかし、上記の通り、「承知いたしました」が謙譲語の適 切な用法であることは確かです。 「承知」は「承(うけたまわる)」という漢字を含みますが、 尊敬語としても使うことができます。 相手側(上司や顧客など)が「承知」した場合は、「ご承 知くださいました」などの尊敬語か、「ご承知いただけました」 などの謙譲語を使います。 間違っても、「お客様が承知いたしました。 」などと言っては いけません。 確かに上司の方のおっしゃるとおり、正しくは間違いとなります。 つまり「承知」と「致しました」は2つの言葉がつながって出来ており、「承知」=「わかった・納得」という意味合いになるのです。 したがって、「承知致しました」は、丁寧な言葉には聞こえますが、実際には「納得致しました」となってしまうのです。 一般的に社会人が上司や目上の方に使う「尊敬語」は「かしこま・りました」が正しいのです。 「かしこま・る」の意味は 「広辞苑」から引用致しますが、 1:身分の高い人、目上の人の前などで、おそれ敬う気持ちを表して謹んだ態度をとるとき。 2:謹みの気持ちを表し堅苦しく姿勢を正して座る。 正座する。 承りました。 窮屈である。 言いわけをする。 となるのです。 ご理解いただけましたでしょうか? 正しい日本語ですよ。 きっと、聞き慣れなかったのでしょう。 女性は「かしこまりました」と言った方が、 やわらかくて好感が持てるという ご年配の方も多いですから。 元気出してくださいね。 ちなみに、「かしこまりました」が尊敬語、 「承知いたしました」が謙譲語です。 ですから、どちらも目上の人に対する敬語として、 「わかりました」を表す正しい語です。 ura9man3さん、「承」にそんな偉そうな 意味合いはありませんよ(笑)。 だって、「承る(うけたまわる)」が謙譲語として 存在しなくなってしまうじゃありませんか。 男性が使うことが多く、堅苦しいかんじがするので そのようなイメージになってしまったのでしょうね。 こちらのページを参考にどうぞ。

次の

『承知致しました』というのは尊敬語ではないのでしょうか。今日...

諸処了解しました

尊敬語は、相手側の存在や動作を立てる敬語。 丁寧語は、言い方を丁寧にして、聞き手や読み手を立 てる敬語で、文末に「です」「ます」が付いた言い方。 美化語は、自分の言い方を飾る言葉遣い。 「承知いたしました」は尊敬語ではなく謙譲語です。 自分が「承知」した場合、「承知いたしました」というのは 正しい敬語の用法です。 ただ、固い感じがするので、 接客業の場合は「かしこまりました」と言った方が感じよく 聞こえるかもしれません。 また、女性が使うと生意気だと 思う人もいるかもしれません。 しかし、上記の通り、「承知いたしました」が謙譲語の適 切な用法であることは確かです。 「承知」は「承(うけたまわる)」という漢字を含みますが、 尊敬語としても使うことができます。 相手側(上司や顧客など)が「承知」した場合は、「ご承 知くださいました」などの尊敬語か、「ご承知いただけました」 などの謙譲語を使います。 間違っても、「お客様が承知いたしました。 」などと言っては いけません。 確かに上司の方のおっしゃるとおり、正しくは間違いとなります。 つまり「承知」と「致しました」は2つの言葉がつながって出来ており、「承知」=「わかった・納得」という意味合いになるのです。 したがって、「承知致しました」は、丁寧な言葉には聞こえますが、実際には「納得致しました」となってしまうのです。 一般的に社会人が上司や目上の方に使う「尊敬語」は「かしこま・りました」が正しいのです。 「かしこま・る」の意味は 「広辞苑」から引用致しますが、 1:身分の高い人、目上の人の前などで、おそれ敬う気持ちを表して謹んだ態度をとるとき。 2:謹みの気持ちを表し堅苦しく姿勢を正して座る。 正座する。 承りました。 窮屈である。 言いわけをする。 となるのです。 ご理解いただけましたでしょうか? 正しい日本語ですよ。 きっと、聞き慣れなかったのでしょう。 女性は「かしこまりました」と言った方が、 やわらかくて好感が持てるという ご年配の方も多いですから。 元気出してくださいね。 ちなみに、「かしこまりました」が尊敬語、 「承知いたしました」が謙譲語です。 ですから、どちらも目上の人に対する敬語として、 「わかりました」を表す正しい語です。 ura9man3さん、「承」にそんな偉そうな 意味合いはありませんよ(笑)。 だって、「承る(うけたまわる)」が謙譲語として 存在しなくなってしまうじゃありませんか。 男性が使うことが多く、堅苦しいかんじがするので そのようなイメージになってしまったのでしょうね。 こちらのページを参考にどうぞ。

次の

「了解しました」は敬語なの?目上の人にメールで使うのは失礼?!

諸処了解しました

公開日: 2018. 27 更新日: 2019. 18 「諸々」の意味とは?ビジネスの使い方、類語「諸所/諸処」との違い、英語も解説 「諸々」という言葉をご存知でしょうか。 「諸々の事情により... 」「諸々ありがとうございます」などと言います。 「諸々」は、日常会話でもビジネスシーンでも比較的多く使われています。 よく使う言葉だからこそ、普段なんとなく用いていないでしょうか。 では、そもそも「諸々」は何を意味しているのか、どのような場面で使うのか、いろいろと疑問に思う点がありますよね。 使用頻度が多い言葉なので、しっかりと意味を知っておく必要があります。 そこで今回は「諸々」の意味や使い方、「色々・種々」との違い、類語について解説していきます。 「諸々」を付けることによって、ある事柄についてさまざまものがあるということを表すことができます。 特にビジネスシーンでは 「諸々」は何か理由を明かしたくないときや、物事を特定されたくないようなときに使います。 本当の事を言ってしまうと問題がある場合、言い難い内容の場合は「諸々」を使うようにしましょう。 例文 ・諸々の事情を考慮し、今月の開催は中止となりました。 ご了承願います。 ・諸々の事情をご賢察のうえ、何卒お許しくださいますようお願いいたします。 ・先日は諸々の件に関してご対応いただき、大変ありがとうございました。 ・ご連絡ありがとうございます。 諸々の件、かしこまりました。 擬態語「モロモロ」は正式な日本語ではない 擬態語として「モロモロ」を使う人がたまにいますが、これは正式な日本語ではありません。 使われ方としては、水分と粉末などが混ざりきっておらずにダマになっているような状態や絵の具がチューブからなめらかに出ない様子を指すようです。 「脆い(もろい)」からきているとも言われ、もろくなって崩れるときに小さな塊がぼろぼろとこぼれる様子に近い感覚です。 四字熟語「唯々諾々(いいだくだく)」は漢字が違う 「唯々諾々」の意味は 「何事にもはいはいと他人の言いなりになるさま」です。 「々」という漢字が使われていますが、「諸々」ではないため注意しましょう。 ちなみに「諸」のつく有名な四字熟語には「諸行無常」があります。 「諸々」と「諸所(諸処)」の違い 「諸々」・・・「数多い事柄やものごと。 さまざまなもの。 多くの人」 「諸所(諸処)」・・・「いろいろな場所。 ところどころ。 あちこち」 「諸所/諸処(しょしょ)」の意味は「いろいろな場所、あちこち」 「諸所/諸処」は しょしょと読みます。 漢字はどちらを使っても正しい表記になります。 「諸々」と「諸所」では意味が異なります。 「諸々」はさまざまなものに対して使いますが、「諸所」は場所に対してのみしか使いません。 「諸々」が「しょしょ」と読み間違えられることが多いため、「諸所」と混同してしまいがちですが、しっかりと使い分けれるようにしましょう。 「諸所/諸処」の例文 例文 ・ホールの諸処で歓声が上がっている。 ・いなくなった猫を見つけるため諸所を探したが、結局見つからなかった。 「諸々」の類語との違い 「諸般」の意味は「いろいろな事柄、さまざま」 「諸々」・・・「数多い事柄やものごと。 さまざまなもの。 多くの人」 「諸般」・・・「いろいろな事柄。 さまざま」 「諸般」は しょはんと読みます。 「諸々」と「諸般」はほぼ同じ意味ですが、ニュアンスが少々異なります。 「諸般」には「あれこれと考え合わせて... 」という意味合いが含まれます。 主に、「諸般の事情によって... 」という形で使います。 これは「さまざまな事情を考慮した結果... 」という意味です。 「諸々」よりも「諸般」の方が、曖昧度が高くなります。 ですので、「諸般」はマイナスな事柄を表す場合に使うことが多いです。 特に何かを中止するという場面で用います。 例文 ・諸般の事情を考慮した上で、計画を進める。 ・諸般の事情によって、明日開催予定だったイベントは中止する運びとなりました。 「色々」の意味は「種類の多いさま、さまざま」 「諸々」・・・「数多い事柄やものごと。 さまざまなもの。 多くの人」 「色々」・・・「種類が多いさま。 さまざま。 あれこれ」 「色々」の意味は 「種類の多いさま。 さまざま。 くさぐさ」です。 「その他色々」「色々な国」などと使います。 「諸々」と「色々」は意味はほとんど同じです。 諸々」がフォーマルな言葉なので、ビジネスシーンで使うならばこちらが適しています。 「色々」はどちらかというと、日常会話で使うことが多いですよね。 例えば、目上の人に「諸々ありがとうございます」ではなく「色々ありがとうございます」と言ってしまうと、なんとなく軽い印象を与えてしまいますので注意しましょう。 例文 ・優秀作品に選ばれるため、色々と工夫をこらしながら制作した。 ・色々と手を尽くしてきたものの、何かが駄目なのかどうも上手くいかない。 「種々」の意味は「種類の多いさま」 「諸々」・・・「数多い事柄やものごと。 さまざまなもの。 多くの人」 「種々」・・・「いろいろなものがあること。 種類や方法が多いこと」 「種々」は しゅじゅと読みます。 「くさぐさ」と読むこともありますが、「しゅじゅ」と読むのが一般的です。 「たねだね」「しゅしゅ」などとは読まないので注意してください。 「種々」の意味は 「種類の多いさま。 いろいろ。 さまざま」です。 「諸々」と「種々」はともに「多いこと。 いろいろあること」を表していますが、「諸々」は対象が様々なもので、「種々」は対象が種類や方法になります。 このように、「諸々」と「種々」では使い方が異なります。 ただ、「種々」はあまり一般的に使われることはありません。 例文 ・そのサービスを利用するには、種々の手続きが必要となる。 ・どれが一番適しているか、対策を種々試みる。 「諸々」のその他の類語 多種多様 (意味:種類や性質がさまざまであること) 「人の服装は多種多様である」 いろんな (意味:さまざまな) 「いろんなデザインの家が建っている」 各種 (意味:いろいろな種類。 さまざま) 「各種サービスを確認して決定する」 様々 (意味:あれこれと異なっているさま。 いろいろ) 「様々な角度から観察してみる」 諸種<しょしゅ> (意味:多くの種類。 いろいろ) 「選べる色が諸種あって悩んでしまう」 多彩 (意味:種類が多くて変化に富み、にぎやかなこと) 「パーティーには多彩な顔ぶれが揃っていた」 各様<かくよう> (意味:様子がそれぞれであること。 さまざま) 「それぞれ各様の意見を持っている」 各般<かくはん> (意味:もろもろ。 いろいろ) 「各般の手を尽くしてみる」 よりどりみどり (意味:好き勝手に選んで取ること) 「どれを選ぶかはよりどりみどりである」 バラエティに富む (意味:種類や変化が豊富にあるさま) 「イベントではバラエティに富んだ企画が用意されている」 幅広い (意味:幅が広い。 また、関係している範囲が広い) 「その団体は幅広い活動を行なっている」 「諸々」の英語 「many」「various」など 「諸々の」は英語で、 ・many(たくさんの) ・various(様々の) などで表現することが可能です。 「様々な事情により」は 「for various reasons」になります。 または 「due to unforeseen circumstances」などと言っても同じニュアンスが伝わります。 「予期せぬ事情によって」という意味になります。 「諸々ありがとうございます」は 「Thank you for everything. 」という表現があります。 このように副詞的に使う「諸々」は「everything」で表現することができます。

次の