生ゴミ 微生物。 コンポスター

生ゴミを肥料に変えよう!コンポストの作り方と注意点

生ゴミ 微生物

この記事のもくじ• バイオ式と乾燥式の違いとは? 生ゴミ処理機のバイオ式と乾燥式の違いについて説明していきます。 バイオ式と乾燥式の「処理」の違いとは? 生ゴミ処理機のバイオ式と乾燥式は、生ゴミを 「処理」する過程が全く違います。 乾燥式は熱を利用して乾燥させることで生ゴミ全体の容量を減らし、バイオ式は微生物の生態系を利用します。 鍋の残りなど水分のある汁物は生ゴミの乾燥を妨げてしまうので、乾燥式の性質にはあまり合いません。 また、薬の飲み残しなどはバイオ式の中の微生物の生態系を崩してしまうので、注意が必要ですね。 その他にもバイオ式と乾燥式で異なる特徴を下の表にまとめました。 乾燥式 バイオ式 処理方法のちがい 熱で乾燥させ体積を減らす 微生物で分解する 処理に必要な時間 2~3時間程度 5~24時間程度 処理後は何になる パサパサと乾燥したゴミ 堆肥になる 表を見て分かるように、同じ生ゴミ処理機でも乾燥式とバイオ式では、 処理方法や時間・処理後の対処などが大きく異なってきます。 特に 処理後に堆肥になるかならないかというのは、ガーデニングや家庭菜園をしている方にとっては重要な点ですね。 乾燥式で出来た乾燥したゴミは、微生物自体はかなり減っていますが植物が育つための栄養はまだ残っています。 しかしこれを直接土に投入すると、 水分を得た生ゴミは再び水気を取り戻してしまうので 根腐れの原因になることがあります。 乾燥式の処理後にできたゴミをどうしても肥料にしたい場合は、ミキサーで粉々に粉砕して少量ずつ土に混ぜていく方法が必要になるので、かなり時間がかかります。 一方のバイオ式は、処理時間こそ乾燥式よりも長いのですが、処理後は堆肥が出来上がっているのでそのまま土に混ぜ込むことができます。 ここまでをまとめるに、 ガーデニングや家庭菜園をしている方ならバイオ式が良いというわけです。 バイオ式と乾燥式の「本体」の違いは? 生ゴミ処理機のバイオ式と乾燥式は、本体や動作にも違いがあります。 低音でじっくりと微生物が生ゴミを発酵させるのを待つバイオ式とは違い、 乾燥式は高温の熱風を出して乾燥させるのでバイオ式よりも電気代が多くかかります。 乾燥式 バイオ式 本体価格 1. 9~6. 6万円 7. 5万円以上 電気代 比較的高い 比較的安い 本体の大きさ 比較的小さい 大型のものが多い 設置場所 室内に設置可のものが多い 屋外に設置する ニオイ 比較的臭わない 発酵するような臭いがする メンテナンス 週に1回 半年に1回 表を見ると分かるように、 乾燥式の生ゴミ処理機はバイオ式よりも本体に触れる回数は多いです。 バイオ式なら長く放置していればいつの間にか堆肥になっているといった具合ですが、乾燥式は溜まったゴミを頻繁に出し入れする必要があります。 乾燥式を使っている方に聞くと 「水気の多いものを入れて乾燥したあとには中が汚れてしまうので、掃除する必要がある」と言っていました。 また、本体の設置場所にも大きな違いがあります。 室内に設置する乾燥式は小型で場所を取らない製品が多く、台所に設置しても気にならないので1kや1dkのようなアパートで使っている方もいるようです。 一方のバイオ式のは、屋外に設置するものがほとんどなので戸建てに暮らしている方が多い印象です。 バイオ式は屋外に本体を設置しているから 「生ゴミを外まで持っていくのは思った以上に労力がかかるから、ごみ捨てをするのと変わらない」といった声もありました。 一口に生ゴミ処理機といっても、バイオ式と乾燥式でこんなにも違いがあるので用途に合った製品を選ぶようにしましょう。 バイオと乾燥を組み合わせたハイブリッド式とは? 生ゴミ処理機には、 バイオ式と乾燥式のいいところを組み合わせた「ハイブリッド式」というものも存在します。 ハイブリッド式は、高温で乾燥させた後に微生物が分解してくれるように出来ているので、最終的には中に入れた生ゴミをほとんど消滅させることができる製品も中にはあるようです。 ただし製品によって差が大きく、思ったように処理できなかったというクレームも多い様子です。 微生物の働きによって水と二酸化炭素を発生させながらゴミを減容していく仕組みで、 従来の生ゴミ処理機よりも脱臭機能が高性能になっています。 製品によってかなり性能にばらつきがあるので、評価の高い製品から選びましょう。

次の

人気の生ゴミ処理機 バイオ式のメリット・デメリットを検証してみた

生ゴミ 微生物

商品情報 家庭用室内型生ゴミ処理機「自然にカエル」の交換用チップ。 顔をチップ材に近づけると、森の土のような臭いがするだけで、料理や食事の後のゴミをすぐに投入できるので、キッチンなどで大変便利! 分解能力維持のために数ヶ月毎にチップ材の半量程度を交換します。 4〜5ヶ月に1度、容器に入っているチップの半分(1袋分)を取り除き、新しいチップ(1袋分)を入れてください。 このとき取り出したチップ材は大変優良な有機肥料になり、園芸用の土に混ぜこんだり、花だんにまいたりして再利用できます。 肥料に利用しない場合は、燃えるごみとしても処理できます。 関連 生ごみ処理器「自然にカエル」 好気性(酸素を好む)微生物群のチカラで生ごみを有機分解する生ごみ処理器です。 shopping. yahoo. html• 詳しくは対象のをご確認ください。 表示されている獲得率や付与額は、支払方法の条件を満たす場合に適用されます。 その付与上限を超えた場合、対象期間中は表示されている付与額では付与されません。 詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。 優秀な微生物群 「自然にカエル」シリーズが電気を使わずに、手動でかくはん(かきまぜ)するだけで毎日生ごみを分解処理できるのには、エコパワーチップの中の「優等生の微生物」にヒミツがあります。 電気を使う「バイオ式」生ごみ処理機も、生ごみを分解する基本的なしくみは同じです。 このため、電気を使う生ごみ処理機で はこの温度を維持するためや、高温分解にどうしても発生する腐敗臭を除去したり、生ごみをかきまぜたりするために電力を必要とします。 これに比べて「エコパワーチップ」は、常温でしっかり能力を発揮するタイプの微生物です。 働きが活発になると若干温度が上がりますが、「自然にカエル」シリーズの空気をうまく取り入れるしくみの容器と組み合わせることで、最小限の手間で、電気をつかわないクリーンな生ごみ処理が実現されるのです。 エコパワーチップとEMぼかし菌との比較 エコパワーチップ EMぼかし 特長 好気性微生物群が中心で働きます。 分解が速いのが利点です。 嫌気性微生物群です。 分解が遅いのが欠点です。 主成分 酵素活性作用補助剤 酵素を活性化する機能を持っている に、杉・松などのチップを混ぜ合わせたチップ材をいいます。 自然界に生息する微生物を集めて培養したEM菌に米ぬか、又は油粕などを入れ醗酵・乾燥させた粉をいいます。 使用方法 容器にエコパワーチップ材を入れ、1日2回位攪拌し、空気を取り入れる事が大切です。 毎日生ゴミを投入しても容器の中のチップ材の量は殆ど増えていきません。 密封できる容器に生ゴミを入れ、粉を振り掛けて密封状態で容器の中で醗酵させます。 交換 4〜5ヶ月に一度 容器内のチップ材を半量取出し、新しいチップ材を半量注ぎ足して使います。 経済的です。 また、有機肥料としても使えます。 二週間位で臭いのしない土のような物ができます。 取り出した物は肥料として使用できます。 エコパワーチップの特長まとめ ・台所に設置しても、 臭いは殆ど気になりません。 ・毎日決められた量の生ゴミを投入しても、分解して水蒸気と炭酸ガスに変わる為、容器内のチップ材の量は殆ど増えません。 ・肉や魚類は分解がより早く行われます。 原材料について エコパワーチップは、家庭用生ごみ処理機「カエルシリーズ」専用の「有効微生物群」含有のチップ材です。 微生物の菌床として、主におがくずが使われています。 このおがくずは主に三重県で生産・加工されている木材が利用されています。

次の

プリマハム|企業情報

生ゴミ 微生物

栃木県益子町の共和化工益子事業所に、生ごみを発酵させて堆肥(たいひ)にする施設がある。 週4回、町内の家庭から出る生ごみが、町指定のごみ袋に入って運ばれてきて堆肥と混ぜ合わされ、タンクに投入されていく。 生ごみは袋に入ったままだ。 秘密は袋の素材にある。 生分解性のプラスチックでできているからだ。 生分解性プラスチックはトウモロコシなど植物を原料にするものや、植物油を原料に微生物体内で生成されるもの、石油を原料にするものなどがある。 微生物が分泌する酵素によって水と二酸化炭素(CO2)に分解され、跡形もなくなる。 益子町の施設では、ごみが詰まった袋をタンクに投入してから1週間もすると袋は見えなくなり、タンクから出して30日ほどで堆肥が出来上がるころには完全に分解されているという。 6年前に益子町が生ごみの堆肥化を始める際、共和化工から生分解性プラ袋を使用するよう提案された。 通常のプラ袋だと、取り除いた後は燃やして処理することになる。 法師人(ほうしと)弘副町長は「視察に行った自治体では、バケツに生ごみを入れて回収していた。 袋に入れた方が衛生的だし、生分解性プラスチックの袋ならごみにならない」。 共和化工の吉村俊治社長は「生ごみを堆肥にして大地に戻すという循環を作ることが大切だ。 そういう仕組みが増えなければ、生分解性ごみ袋も普及しない」と指摘する。

次の