ローランド コロナ。 【集団感染】歌舞伎町で新型コロナウイルス感染者が急増

自動車業界を襲うコロナ後の「移動」大激変、生産ライン停止だけでは終わらない

ローランド コロナ

レポートでは予測を超える不況が生じる可能性もあると警告[クリックして拡大]出典:ローランド・ベルガー レポートでは産業分野のうち「自動車」「物流」「機械・エンジニアリング」「建設」「石油・ガス」などを取り上げて、それぞれの業界への経済的影響を予測している。 自動車業界ではサプライヤーの需要が減少することから、業界全体で大きな経済的な損失を受けると予測される。 一方で、中国で新型コロナウイルス感染症の感染拡大に歯止めがかかりつつある現状を鑑みると、中国の経済回復によって売り上げ減少を2020年内に補完できる可能性もあるとしている。 物流業界では世界各地での工場閉鎖を背景に、海上輸送の需要が減少し業界全体で収益が減少すると予測される。 また都市のロックダウンに伴う需要減少が、物流業界全体のキャッシュインフローをさらに減少させる恐れもある。 ただ、事態終息後の反動によって需要が一時的に増加し(キャッチアップ効果)、減少分の収益を補完できる可能性もある。 自動車業界と物流業界への経済的影響を予測[クリックして拡大]出典:ローランド・ベルガー 機械・エンジニアリング業界は2018年以降、業界全体での注文量が減少傾向にある。 この状況に新型コロナウイルス感染症の影響でプロジェクトの中止が相次ぐことで、収益がさらに大幅に減少する可能性がある。 一方で、リードタイムが長期化しやすいプロジェクトを実施している企業では、キャッシュフローは比較的安定した状態に保たれると予測される。 建設業界では新築や改修プロジェクトの進行が遅延することによって、建設資材の需要が減少し、業界全体のキャッシュフローが悪化すると見込まれる。 今後、労働者の解雇などの対応策が順次実施されていくと予測されるが、一方で、事態終息後には需要が大幅に増加すると考えられる。 このことからレポートでは、2020年を通してみると業界全体の経済的損失は限定的なものになるだろうと指摘する。 石油・ガス業界では飛行機や自動車を使った移動需要が減少していることから、燃料の消費量が低下し、石油・ガスの余剰量が増加、石油・ガス価格は今後さらに低下していくと見込まれる。 ただ中国での経済回復が進むことで、需要もある程度回復していくものと考えられる。 関連記事• ローランド・ベルガー(Roland Berger)は新型コロナウイルス感染症による経済的損失の予測レポートを公開。 自動車業界と物流業界への影響が特に甚大になるという。 MONOist、EE Times Japan、EDN Japanのアイティメディア製造業向け3媒体は「新型コロナウイルス感染症のモノづくりへの影響に関するアンケート調査」を実施した。 調査期間は2020年3月16〜25日で、有効回答数は217件。 本稿では、その内容について紹介する。 新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、製造業は自社のサプライチェーンが途絶し、顧客に製品やサービスが供給できなくなるリスクに直面している。 国内の製造拠点に勤める従業員が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への感染が確認される事例が増え始めている。 2020年4月4〜6日にかけて、トヨタ自動車の他、東芝、村田製作所、TDKなどが発表した。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大によって、日系自動車メーカーの国内生産拠点に影響が広がっている。 乗用車メーカー8社全てが、操業停止もしくは稼働を減らすことを決めた。 新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響が国内製造業に広がっている。 既にトヨタ自動車とマツダに続いて、日産自動車、三菱自動車、ホンダ、スズキも国内工場の操業を停止する。 また、ソニーやルネサス エレクトロニクスも海外生産を中心に影響が出始めている。 関連リンク•

次の

ローランド、営業停止と医療品の寄付を宣言 「とにかく今は…」 (2020年4月1日)

ローランド コロナ

「歌舞伎町、新型コロナウイルス集団感染」に関するツイート 【歌舞伎町で感染急増 接客業で】 東京都新宿区で接客業関係者のうち、少なくとも十数人について、新型コロナウイルスへの感染が確認されたことが判明。 歌舞伎町やその周辺にあるキャバクラ店の女性従業員や、風俗店の業務に携わる男性が多いという。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 本日の歌舞伎町の新型コロナウイルスに関するツイートとなっています。 ご覧の通り、歌舞伎町で新型コロナウイルス感染者が急増しており、集団感染の恐れがあることが報告されています。 これに対して困惑する声が相次ぎ、Twitterで注目を集める結果となりました。 「歌舞伎町、新型コロナウイルス集団感染」に対する世間の反応 「歌舞伎町は某ラーメン屋、某有名キャバクラ、コロナなのに普通に働いて報告もしなかった。 特に従業員やスカウトは店にバレるとクビになるから、未申告や診察拒否してるみたい」 「ニュースでやってたけど、歌舞伎町の感染者数多いんだね…キャバ嬢とかホスト、風俗従業員って言ってたでもみんな経緯を話さないから感染源追えないって。 これはますますこの業界暇になるよね。 ホントにコロナ憎い…」 「歌舞伎町とか今怖すぎていけません」 などの声があがりました。 やはり世間では、歌舞伎町の新型コロナウイルスの集団感染について困惑する声が多く見られました。 最後に 今回は、歌舞伎町で新型コロナウイルス感染者が急増したことについてご紹介させていただきました。 東京で新型コロナウイルス感染者が急増しているということで、住民の間では不安が広がっています。 都会・地方問わず、新型コロナウイルス感染者が増加していますので、自分だけでなく家族や友人のためにも感染症対策を念入りに行いたいですね。

次の

ROLAND Beauty Lounge

ローランド コロナ

特集(全12回)の#10では、不確実性が極まる中、自動車各社が成長チャンスをつかみ取るための戦略をローランド・ベルガーが提言する。 業界の打撃と展望が一目で分かる関係者必携の「ティアシート」(B4判)付き。 ずばり、1923(大正12)年だ。 日本製缶協会の資料によれば、その年に起こった関東大震災で避難民の救済に使われたのがきっかけなのだという。 缶詰は日本でも明治時代に商業生産が開始されていたのだが、日清戦争、日露戦争時の兵隊食に利用されて以降、関東大震災までは欧米人向けの輸出品として扱われることが多かった。 関東大震災で日本人が缶詰のおいしさ、有用性に気付いたように、世間では新型コロナウイルスによっても気付かされたことがある。 リモートワークの意義が最たるものだろう。 いまや、取引先の大企業の役員に対して行うプレゼンテーションですらテレビ会議が普通に活用されるようになった。 会議室をわざわざ用意する必要もなければ、その会議室に出席者全員が集まる手間も生じないテレビ会議の方が、むしろ手軽でいいとさえいわれるようになっている。 では、コロナを境に移動に関して明確に生じた気付きとは何か。 本稿では、日本の産業の屋台骨である自動車産業をはじめとしたモビリティ業界全般における市場変化の在り方と、モビリティ各社がつかむべき中長期の成長チャンスについて論じていきたい。 (1)コロナの打撃 コロナの感染拡大を防止するため、外出自粛要請が出ていたのだから当然だが、データで見ると、コロナによって国内の移動量がいかに減少したかを改めて実感することができる。

次の