アイ クラウド ドライブ と は。 【.biz】アイ・オー、クラウドでの集中管理が行なえる業務用NAS

クラウド型ドライブレコーダー管理システム「WEBドラサービス」

アイ クラウド ドライブ と は

最近では、見積書や請求書など様々な書類がクラウドシステムから作成できる「クラウド見積システム」が数多く販売されています。 従来ならパソコンにインストールして利用する「インストール型」の見積ソフトが主流でしたが、多くの企業がクラウド型への乗り換えを始めたようです。 クラウド見積システムは誰でも使える汎用的なものから、特定業種に特化した専門的なものまで様々です。 お客様先への訪問時に使えるシンプルな概算見積書を作るシステム、多段階層を用いた複雑な見積書を作るシステムなど、自社のニーズに合わせてシステムを選ぶのは骨の折れる作業かもしれません。 本記事では、見積システムにおける「クラウド型」と「インストール型」の違い・利点を紹介しながら、様々な見積システムを紹介します。 機能や特徴、料金プラン、無料トライアル版の有無などの情報を参考に、ぜひ最適なシステムを見つけてください。 「クラウド型」見積システムと「インストール型」見積システムの違いは? クラウド型とインストール型、どのような違いがあるのでしょうか?まずはそれぞれの違いを見ていきましょう。 クラウド型見積システムの特徴• 簡易見積に適している• パソコンやスマートフォン、タブレットなどどんなデバイスでも利用できる• パソコンが壊れても、新しいパソコンを用意すればデータを引き継いで見積書の続きが作成できる• データの紛失を心配する必要が無い• 同僚や上司との情報共有が簡単• 月額費用が発生する 外出先や複数拠点で気軽に情報共有できる クラウドシステム最大の特徴は、インターネットを経由して情報を閲覧・入力するという点です。 ネットが繋がる環境であれば時間や場所に囚われずいつでもどこでも利用できます。 データ自体は外部のサーバー管理会社に守られた外部サーバーに保存されているので、万が一パソコンが故障したり事務所が被災してもデータが損失するリスクは回避できます。 ただし、外部サーバーの保守等の理由から毎月の利用料を支払う必要がある事には注意が必要です。 インストール型見積システムの特徴• データ量の多い見積でも処理速度が落ちにくい• システムのカスタマイズをしやすい• CADシステムなど、連携できる外部システムが豊富なケースがある• 月額費用が発生しない(買い切り) ネット環境に影響を受けることなく利用できる パソコンにインストールすることで利用できるインストール型は、クラウド型のような情報共有はできません。 ただしインターネットなど回線の影響を受けないので、パソコンのスペックを満たしていれば膨大なデータ量であっても常に快適な動作環境で利用できます。 インターネット環境から切断すれば外部攻撃のリスクから身を守れる可能性も上がるので、セキュリティ保護が必要な重要情報を管理する場合に適しています。 逆にネット環境に接続されていれば、様々なリスク(マルウェアや標的型攻撃メールなど)に晒されるのはクラウド型もインストール型も同じです。 「データを自社管理できるんだからインストール型のほうが安全」と妄信するのは大変危険です。 インストール型利用者がクラウド型への乗り換えを検討する理由とは? クラウド型・インストール型にはそれぞれのメリットがあります。 ところが多くの企業は最近「クラウド型」への乗り換えを始めています。 乗り換えを始める企業の多くは、以下のような課題を抱えているようです。 担当者によってフォーマット(見積書の書式)や単価が違うので統一したい• 見積書の内容を同僚や上司とスムーズに共有したい• 見積書の作成に時間がかかるので、効率化して時間を短縮したい• 外出先から戻ってから見積書の作成するために長時間労働になりがち。 労働環境を改善したい いずれも、 インストール型では非効率になりがちな「共有」「時短」「属人化解消」の改善がクラウド型への乗り換えを検討するきっかけになるようです。 インストール型の非効率を解消するクラウド見積システム クラウド型の見積システムが、どのように非効率を解消するのでしょうか?ここでは「業務管理システム アイピア」の見積機能を例に改善ノウハウを紹介します。 アイピアは、顧客・案件進捗・見積・原価・受発注・入出金などあらゆる業務を1つのシステムで管理できる一元管理システム。 ニーズに合わせて必要な機能だけを利用することもできる汎用性の高さも特徴です。 詳しくは「」をご覧ください Excelからの乗り換えもスムーズな見積明細の入力 アイピアの明細入力はエンターキーで次の項目に移動します。 マウス不要の入力手順でExcelなような使用感を実現し、クラウドシステムに不慣れな方でもすぐ利用を始められます。 入力スピードを劇的に向上させる一括編集 作成した明細を、すべて編集可能な「一括編集」状態に切り替えることができます。 これによって手間がかかりがちな明細編集が行ごとではなく明細全体で行えるようになり、見積書作成~完了の時間を大幅に短縮することが可能です。 価格単価表やパッケージプランなどの見積テンプレートを引き込んで微調整する際にも非常な便利な機能です。 原価からの引込で重複情報を何度も入力させない 取引業者から見積を取ってからお客様への見積書を作成する企業のために、入力した予算をもとに掛け率を設定して見積書を作成できます。 取引先業者からの見積情報を入力して、それをお客様用の見積書に流用できるので重複する内容を何度も入力する手間は発生しません。 見積マスタからの引込 価格単価表やパッケージ見積などをあらかじめ作成しておくことで、任意の見積書に引き込むことができます。 見積書を作成する担当者によって価格や利益率が変わってしまうのを防ぐとともに、新人担当者でもベテランと同じような見積書がすぐ作成できる仕組みです。 過去に作成した見積情報を流用して二度手間を防ぐ アイピアで作成した見積書の情報は自動的にデータベースとして蓄積されていきます。 過去に作成した見積書はいつでも再利用することができ、当時の案件名や顧客名など様々な要素で検索して引き込むことが可能です。 その他オススメ見積ソフト比較12選 見積機能のみでも、様々な業種や場面に特化した様々なシステムが販売されています。 特徴・価格・環境(インストール型・クラウド型)・体験版の有無の項目で比較しながら紹介します。

次の

ビジネスNAS入門|クラウドストレージ

アイ クラウド ドライブ と は

WEBドラサービスとはWEBドラサービスとは、通信型ドライブレコーダー「Samly」で撮影した運転動画をクラウド上で閲覧・管理できるサービスのことです。 クラウドとは簡単に言えば、「特定のデバイス(PCやスマホ、タブレット)に依存せずに利用できる形態」を指します。 WEBドラサービスにおいては、「Windows」の端末であれば、PCやスマホ、タブレットのどの端末でも利用することができます。 通信型ドライブレコーダー「Samly」からは、利用者が操作を行わずとも運転中の動画が自動で「WEBドラサービス」へとアップされます。 その動画は、家や会社、ネットカフェなど、ネットワークに繋がっているデバイスがあれば、「どこでも閲覧・管理」することができるのです。 クラウドの良いところは「会社でなければ動画が見られない」「会社に行かないと管理ができない」といったデバイスの制限を受けないところにあります。 家のPCでも、持ち歩いているタブレットでも、会社やネットカフェのPCでも利用することが可能です。 では、WEBドラサービスでは「具体的に何ができるのか」を詳しくご紹介していきます。 WEBドラサービスでできること ・危ない運転があった場面を見逃さない ・リアルタイムで事故の防止・処理に動ける ・事故の危険が多い道を事前にドライバーに共有できる ・疲労がたまっているドライバーに休息を促すことができる ・「誰がいまどこで、どの車に乗っているか」がかんたんに把握できる ・メモリーカードを持ち帰らなくて済む• WEBドラサービスの機能 HOME画面 安全エコ日報 安全エコ週報/月報 走行軌跡 危険運転情報 動態管理• WEBドラサービスの動画解説• 初月無料。 最低利用期間1年) オプション 内カメラ映像保存 200 /車両 内カメラの映像をWEBアプリで保存、閲覧可能。 映像データは最大1ヶ月間保持します。 Mobileye連動オプション 200 /車両 Mobileyeのログデータを取得できます。 Mobileye専用の帳票出力などが含まれます。 ログインID1アカウント追加 1,000 /事業者 ウェブドラにログインできるユーザーを1アカウント追加できます。 SIMカード故障、紛失、他 5,000 /枚 SIMカード紛失、故障等の場合に手数料が発生致します。 5m 3Gアンテナ ケーブル5m インジケーターユニット 32G専用SD 3Gモジュール• Samly、Mobileye取付費用 参考価格 参考価格 同梱品内容 Samly単体取付費用 25,000 取り付ける車種により変動します。 Samly+Mobileye取付費用 60. 000 取り付ける車種により変動します。 WEBドラサービス 動作環境 WEBドラサービスはブラウザで動作するWEBアプリケーションになります。 本システムは多重ログインができないシステムのため、ログイン者の分だけログインアカウントが必要となります。 本システムを利用するためには下記の環境が必要となります。 対応ブラウザで動作する環境を記載しております。 お問合せについて WEBドラサービスについてのお問合せは下記のページからお願いします。

次の

ASPサービス搭載、クラウドドライブレコーダー 株式会社トランス・アイ|トラックNEXT

アイ クラウド ドライブ と は

無償期間は取付から14日とします。 弊社が定める期間を超えてご返却頂けない場合はご利用料金をご請求させていただく場合がございます。 本プログラムは原則1社1車両に対して適用するものとします。 本プログラムは原則1社1回のご利用とさせていただきます。 I クラウドドライブレコーダーとは 通常の録画機能に加え、通信機能や各種地図機能・危険運転管理機能を搭載し、さらに取得したデータを効率よく利用するための ASPサービス(ソフトウェア)まで標準装備で一体化した、業界最高位モデルのドライブレコーダーです。 各種地図機能 地図情報と合わせた管理が可能です。 動態管理• 軌跡管理• イベント管理 危険運転管理 厚生労働省が提唱する「トラック運転者の労働基準の改善基準ポイント」に対応しています。 乗務員実績一覧表• 乗務員労働チェックシート 各種 帳票出力 運転日報をはじめ10種の帳票の出力に対応しています。 運転日報• 運転月報• 車両運行一覧• 乗務員運行一覧• 運行評価一覧• 車両別稼働実績• 乗務員別稼働実績• 月間総合点数一覧• 給油詳細• 車両給油実績 運転診断 急減速・速度超過等の危険運転をG(加速度)センサーにより感知しイベントとしてデータを蓄積します。 速度超過• 急加速• 急減速• 急ハンドル• アイドリング 機能イメージ抜粋.

次の