ハイアン ドロー ワースト グッズ。 映画「HiGH&LOW THE WORST」のDVDレンタルや発売日・予約情報

【現地レポ】映画「HiGH&LOW THE WORST」(ハイアンドロー ザ ワースト) コラボカフェ【スカイツリー・ソラマチ】

ハイアン ドロー ワースト グッズ

Contents• 参考記事: などなど。 このような様々な角度からストーリーが連動し、 今までに無かった 史上最大規模の壮大なスケールの物語となっているのです。 イメージ沸きましたか?(笑) こんな企画、今まで誰もした事が無いのでイメージは沸きにくくて当然です。 詳細が分かり次第追記致します。 引用元 中々複雑な相関図ですのでわかりにくいですが・・。 ハイアンドロー相関図(映画番外編) 映画番外編となる『HiGH&LOW THE RED RAIN』における相関図です。 初期の頃よりもキャストが増えてきて、さらにややこしいことに・・・。 画像をタップしていただき、拡大してじっくりご覧ください。 引用元 DTCの3人にスポットをあてて繰り広げられるストーリー。 本編とは別に展開するストーリーなので、すっきりとした相関図ですね。 全盛期は最大100人を超える巨大勢力へ拡大し、地域を統率していましたが、 一人の仲間の死を引き起こしたある事件によって急遽解散しました。 琥珀(リーダー):AKIRA ムゲン総長にして圧倒的な戦闘力とチームを統括する頭脳を兼ね備えていました。 作中では伝説の男とも呼ばれています。 左目に琥珀色の義眼をしているのが名前の由来で、ムゲン解散後に姿を消しました。 九十九:青柳翔 琥珀が総長としてムゲンをまとめていた際にはNO. 2として琥珀を支えていた存在です。 かつては一匹狼だったが、琥珀の優しさに触れてムゲンのメンバーとなりました。 琥珀に恩義を感じていて、琥珀を理解する存在として忠義を尽くしています。 事故によって1年間ほど植物状態になっていましたが復帰しました。 両親を自殺で亡くしており、裏稼業で生計を立てながら幼少期より習得している格闘技を駆使した戦闘スタイルで名を上げてきました。 黒色のバイクがトレードマークで、バイクの操舵の技術は恐ろしいほど高く、一瞬で標的を追い詰めるほどの操舵スキルを持っています。 雨宮マサキ(次男):TAKAHIRO 雨宮兄弟の次男である雅貴は作中でも最強と言われていた琥珀でも倒せなかった人物です。 戦闘力は作中でもトップクラスに高く、足技を駆使した喧嘩スタイルを得意とします。 かなりの女好きでいつもナンパのことを考えていて、女性に対しては滅法弱いのが可愛いところです。 ムゲンの解散に合わせるかのように姿を消していましたが、兄を探すためにSWORD地区に戻ってきました。 雨宮ヒロト(三男):登坂広臣 雨宮兄弟の三男である広斗も、兄の雅貴と引けをとらない喧嘩の実力を持つ主要メンバーです。 普段はクールな性格ですが、一度キレると雅貴でも手が付けられないほど盛大に暴れまわり、収集が付かなくなります。 根っからのトラブルメーカーで、雨宮兄弟に揉め事を持ってくるのは大抵彼です。 最近まで行方が分からなくなっていましたが、とある一件で姿を現すことに・・・。 「山王街」という商店街が本拠地で、いつもメンバーが溜まり場としているのが「ITOKAN」という洋食店です。 達磨一家との抗争後に解散しましたが、とある理由によって再結成することになります。 コブラ 二代目総長 :岩田剛典 ムゲンの元メンバーで、山王連合会総長を務める人物です。 プロレス好きで、幼少期にコブラツイストで10人倒したことからコブラと呼ばれるようになりました。 山王連合会総長を務めるようになってからは、冷静で寡黙な性格ではありますが、 山王街を守るという強い決意の元で行動している熱い人物です。 ヤマト:鈴木伸之 コブラと同じ元ムゲンのメンバーで、山王連合会のナンバー2です。 持ち前の体格の良さを活かした強力な打撃技が得意ですが、パワーがあるぶん動きが単純になってしまいがちです。 なので、トリッキーな技を繰り出す相手とは相性が悪い傾向にあるようです。 ストレートな性格なので、思ったことをそのまま言う傾向にあり、微妙な空気になることもしばしばあります。 普段は実家の整備工場で働いています。 ダン:山下健二郎 チームのムードメーカー的な存在で、関西生まれなので普段から関西弁で話します。 野球部出身ということもあり、速く走るのが得意です。 普段はコンビニのような何でも売っているお店「壇商店」の店長として働いています。 テッツやチハルと仲がよく、彼らとつるんでいることが多いです。 寂れていく商店街の現実に人一倍悩んでいて、どうすれば商店街に人が来てくれるのか常に考えています。 ノボル:町田啓太 連合会の参謀のような存在で、とにかく頭が切れる人物です。 頭脳明晰というだけでなく、 ヤマト達と互角で戦えるほどの喧嘩の実力の持ち主でもあります。 もともと弁護士候補として将来を期待されていましたが、恋愛絡みで殺人未遂を起こしてしまい、 刑務所に服役することになりました。 作中では、刑務所で出会った二階堂に誘われて家村会に入ることになり・・・。 テッツ:佐藤寛太 チームの最年少で、特攻隊長を務めるのがテッツです。 頭のドレッドヘアが特徴で、山王街の若手たちを彼が仕切っています。 チームでは弟的存在として可愛がられているが、喧嘩の時は冷静かつ凶暴に性格に風変わりします。 実家は銭湯を経営していて、趣味はヒップホップなどのブラックミュージックや、 インスタに写真を投稿することです。 チハル:佐藤大樹 山王連合会の新顔で、元々は鬼邪高校の生徒でしたが、物語を通して山王連合会のメンバーとなります。 女性を守ることを信条としていて、女性に危害を加える男に対しては容赦なく叩きのめします。 そのため、女性を売りさばくことを生業としてる極悪スカウト集団DOUBT(ダウト)とは 真逆の方向性から敵対関係になっています。 リーダーのROCKY(ロッキー)が経営する「heaven」というクラブを拠点としています。 ロッキー:黒木啓司 White Rascalsリーダーで、身に纏っているアクセサリーも合わさって不気味な雰囲気を醸し出す人物です。 不気味な見た目とは反して児童養護施設の設立も考えているなど心優しい人物でもあります。 過去の家庭環境が影響して、強くなって女性を守ることを心に誓い、White Rascalsを結成しました。 戦闘のときにサングラスを外したら本気モードです。 コウ: 遠藤雄弥 White RascalsのNo. 2を務めるのがKOO(コウ)です。 普段は紳士的で大人しい人物で、常に穏やかな口調で対応するが、喧嘩のときには隠し持った警棒を使って 容赦なく敵を攻撃します。 AIZAWA(アイザワ):鬼龍院翔(ゴールデンボンバー) ヴィジュアル組のメンバーで、ハットを被っているのが特徴です。 いつもビトウ、エナリ、シムラと行動しており、白いビッグスクーターに乗っています。 BITO(ビトウ):喜矢武豊(ゴールデンボンバー) ヴィジュアル組のメンバーの中でも中性的なルックスで、口数が多く、喧嘩早い性格をしています。 ENARI(エナリ):歌広場淳(ゴールデンボンバー) 左右異なる髪色をしたヴィジュアル組のメンバーで基本的に無口ですが、キレると怖いタイプです。 SHIMURA(シムラ):樽美酒研二 ゴールデンボンバー 細い体型が多いヴィジュアル組のメンバーの中でも、大柄で筋肉質な体型の人物。 坊主頭にゴーグル姿はかなりインパクトがあります。 【シーズン2より登場】 キジー:稲葉友(ROCKY黒木啓司と旧知の仲) 元々は敵対していたDOUBTのメンバーでしたが、ROCKYと知り合ったことでWhite Rascals結成メンバーの一人となる。 実はゲイでカイトとは恋人です。 カイト:栁俊太郎(同じくROCKYと旧知の仲) キジーと同じ経歴の持ち主で、White Rascals結成メンバーの一人です。 味方か? 他にも追加発表された出演者はこちら。 林遣都(24)、山田裕貴(25)、早乙女太一(23)、中村達也(50)、窪田正孝(27)、YOU、小泉今日子(49)などなど。 今後が楽しみですね~!! 本当に豪華メンバーです。 THE RAMPAGE from EXILE TRIBEから岩谷翔吾、山本彰吾、鈴木昂秀、龍。 ここからはハイアンドローのあらすじを少しご紹介します。 伝説はある街から幕をあける。 かつて、ムゲンという伝説のチームがこの一帯を支配していた。 その伝説のチームに唯一潰せない凶悪な兄弟がいた。 その名は雨宮兄弟。 死闘の中、突如ムゲンは解散した・・・ そして、その地区に5つの組織ができた。 各チームの頭文字をとって、SWORD地区と呼ばれ、 そこにいるギャング達は「G-SWORD」と呼ばれている。 山王商店二代目喧嘩屋「山王連合会」 誘惑の白き悪魔「White Rascals」 漆黒の凶悪高校「鬼邪高校」 無慈悲なる街の亡霊「RUDE BOYS」 復讐の壊し屋一家「ダルマ愚連隊」 この5つのチームによるプライドをかけた 闘いがはじまろうとしている。 しかし、物語はさらに深く… 敵か味方か、 謎の組織「MIGHTY WARRIORS」の出現。

次の

「ハイアンドロー」の出演キャスト全一覧!『HiGH&LOW』

ハイアン ドロー ワースト グッズ

鬼邪高には、筋金入りの不良が通う全日制と、その予備軍が通う定時制があります。 現在の鬼邪高は、定時制の村山良樹がトップを仕切り、全日制は轟・中・・泰・清・司一派ら新世代が覇権を争う、戦国時代を迎えていました。 そんな中、鬼邪高全日制で頂上(テッペン)を取ると意気込む、一人の男子学生が転入してきます。 彼の名は花岡楓士雄。 希望ヶ丘団地で親の事情を抱えた子らと共に育った、仲間想いのヤンチャな青年です。 一方、鬼邪高から少し離れた戸亜留市にも、ヤンチャと呼ぶには行き過ぎた子らが通う学園がありました。 戦闘力が高く、恐れられている「鳳仙学園」です。 幹部以外は全員スキンヘッド、灰色の戦闘服に身を包む彼らは、リーダーである上田佐智雄を筆頭に、最強軍団と呼ばれる四天王を従え、学園を仕切っていました。 ある日、鳳仙の生徒が鬼邪高を名乗る者たちに突然襲撃されます。 また、時を同じくして、鬼邪高の生徒も鳳仙を名乗る者たちに襲われる事件が発生しました。 仲間が襲撃されたことを機に、激しく対立する道へと進む鬼邪高と鳳仙学園。 鳳仙学園トップの上田は、「ここまでされたんだぞ!!」と激高し、「鬼蛇高つぶすぞ」と笑顔で言い放ちます。 定時制トップの村山は、「鬼蛇高の祭りは村山とおせよ」と、のんびり構えた様子。 鬼邪高の頂点を狙う花岡を率いる希望ヶ丘団地の仲間・オロチ兄弟は「そろそろ暴れさせろぉ!!」と雄叫びを上げます。 全日制の派閥抗争からは一線を画する、見た目は優等生風の轟(とどろき)洋介を頭に持つ轟一派も参戦。 「ココ(鬼邪高)の頭になりたいのか?」と尋ねた数秒後には、鋭い回し蹴りが炸裂。 それぞれの熱い想いと野心がクロスする、男たちのガチでヤバい頂上決戦が始まります。 」 ファン待望の物語は、この言葉から誕生しました。 迎え撃つのは、累計発行部数7500万部超え 熱き男たちのバイブル『CROWS-クローズ-』・『WORST-ワースト-』です。 今作ではクローズ・ワーストシリーズの著者である髙橋ヒロシさんが、初の映画脚本を手がけました。 筆者は始め、よくある「不良が集まる高校のバトルストーリー」だと思い込み、それほど興味を抱きませんでした。 しかし予告を見て、物語の世界観を知るうちに、見たい!という気持ちが強く湧いてくるのを実感しました。 登場人物が多い作品ですが、各々のキャラクターが、人生や価値観を持ち、物語の中で生きている点に注目です。 世間からは不良、ワルと呼ばれても、彼らは彼らなりの流儀を持ち、仲間を思いやる心も持っています。 それは、花岡の幼馴染である桐原の、「僕の仲間には、クズもカスもゴミも居ないんですよ!!」というセリフにも現れています。 そして、豪華キャストにも注目してください。 まず、鬼邪高の定時制でトップを仕切る村山役は、映画『万引き家族』や『あの頃、君を追いかけた』に出演した山田裕貴さんが演じます。 その鬼邪高の全日制の頂点を狙い転入してくる花岡役は、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのボーカル、川村壱馬さんが抜擢されました。 筆者が注目したのは、殺し屋軍団と恐れられる鳳仙学園のリーダー・上田役を、今人気絶頂の志尊淳さんが演じている点です。 彼は、2019年のドラマ「Heaven? ~ご苦楽レストラン~」で、戦力外のぽやんとした天然キャラを演じており、今作の役とのギャップに驚かされました。 『劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』や、NHKドラマ『半分、青い。 』・『女子的生活』にも出演していますが、今作のようなバトルアクションも演じられる名優です。 もうひとつ注目するポイントは、作中で使われている楽曲です。 花岡率いる希望ヶ丘団地の幼馴染「オロチ兄弟」のテーマ曲は、GENERATIONS from EXILE TRIBEが歌う「SNAKE PIT」が使われています。 殺し屋軍団・鳳仙学園のテーマ曲は、EXILE THE SECONDが歌う「Top Down」。 どちらもクールなノリのよいアップテンポで、作風にマッチしています。 そして、希望ヶ丘団地の幼馴染に使われたテーマソングは、数原龍友さんが歌う「Nostalgie」が採用されました。 先の2曲と異なり、しっとりとした曲調で、共に幼少期を過ごした仲間とのシーンを演出しています。 激しいバトルとEXILEチームが贈る楽曲を全力で楽しんでください。 言葉では言い表せない数々の見所満載作です。

次の

HiGH&LOW(ハイアンドロー)続編「 THE WORST」あらすじやキャストは?

ハイアン ドロー ワースト グッズ

キャラをそろえたくてどんどんやると、あっとういう間にお金がなくなるのでヤバイです。 ・ロゴ Tシャツ 白 F4800円 ロゴ入りビッグシルエットTです。 ・ホッケー Tシャツ 白 F4800円 ホッケーのユニフォームデザイン。 ・ベースボール Tシャツ 黒 F4800円 ベースボールシャツデザイン。 ・ダスト缶1500円 キャラがデザインされたダスト缶。 ・メタルチャーム付きキーホルダー1500円 ベルトに通すキーホルダー。 ・ジャンボうちわ700円 モノトーンのロゴ入り、シックなうちわ。 ・ステッカー500円 キャラステッカー ・SWORDラバークリップセット1200円 SWORD各チームのロゴ入りクリップ ・ビニールポーチ1800円 チェーン付き、ロゴ入り柄のビニールポーチ。 ・クラッチバッグ2500円 メタルのロゴがアクセント。 ・ジョッキ1500円 ・タンブラー1200円 ・お皿1200円 ・コルクコースターセット1200円 ロゴ入りの、スタンド付きコースター。 ・千社札シール付きプリントガム300円 キャラの千社札シール付です。 缶(フルーツゼリー)1500円 パッケージにはSWORD地区の地図をデザイン。 ・紙管スナック(ココアスナック)1250円 ケースにロゴがデザインされお洒落。 ・8連ラムネ800円 SWORD各チームのエンブレムのラムネ。 ・ブラインドタブレットケース 11種800円 お楽しみスライドケースにはキャラをデザイン。 大好きなメンバーのメニューがあれば盛り上がりますね。

次の